三週間のホームステイを終え、

長女が無事カナダから帰国した。


実は、前回、

長女のホームステイをブログに書いた後、(これね

いろいろあったのですよ~。



ズバリ、

母と娘の東京⇔バンクーバーの大バトル!!


何があったのかって?
それはですね…こんなことがあったんですよ!



当初、ほぼ毎日のようにカナダ⇔日本、

LINEで連絡を取り合っていた私たちだった。



あたし・主婦の頭の中


娘のこんな嘆きにも、


「そんな簡単に英語が通じたら苦労せんわ!」

「英語のシャワー浴びてれば、そのうち、

わかるようになるって、石川遼も言ってるじゃんww」


なんて、私になり、喝を入れながら、

精一杯励ましていたつもりだっんだけど・・・。


1週間も過ぎたころか、

長女、ストレスと疲れも出始めたのか



あたし・主婦の頭の中


出てくるのは、耐えられないとか、帰りたい!とか・・・

そんなマイナスのことばかり。


ほとほと、うんざりしてしまった。


長女からの泣きごとや愚痴に



あたし・主婦の頭の中


そう送ったら、

「私はママとは違う!」と、ピシャリとはねのけられてしまった。


そんなやりとりの末、

ついに、LINE無料電話がかかってきた。

長女は、泣いていた。


意地悪かもしれないけど、

最終手段、私はこう言ったのだった。



あたし・主婦の頭の中


って。


はい・・・電話は、いきなりガチャリと切られましたよ。


そして、その後、

「ママ、それ脅してんの?わけわかんない」

とLINEで攻撃してきた長女。


どうして、ママは私の気持ちがわかってくれない?

皆、周りの子、ホームシックになっているんだよ!

でも、他のお母さんは

「大丈夫、○○ならがんばれるわ」とか、

優しく励ましてくれているのに、ママはなによ!

なんで、親に泣きごと言っちゃいけないのよ!


長女はひどく怒り狂っていた。


確かにそうかもしれない。


娘がカナダで知り合った友達のお母さん方のように、

子供が「会いたい!帰りたい」と言ってきたら


あたし・主婦の頭の中

私も、そんな優しい言葉をかけてあげるべきだった?


でもね、申し訳ないが、

私はそんな声をかけてあげる親ではないのだ。


長女には、厳しいようだけど、

例えどんな状況にいても、

前を向いて頑張って欲しいと思ったから。


娘に恨まれようと、その時、私は決めたのだ!


ここで再び獅子母は、子を谷へ突き落そうと。


あたし・主婦の頭の中



繋がっているから、安心することもある。

でも、繋がっているゆえ、

自分の今置かれた環境に溶け込めず、

すがってしまうことだってある。


ここは、LINEを切るべきだ!


獅子母は送ったわ。



あたし・主婦の頭の中


そうしたら、何と来た?


わかった!もういい!成田になんか迎えに来ないで!

1人で帰るから!絶対に来ないで!


長女が、私のLINEを見て、

ブチ切れているのは明確だった。


きっと、長女は辛い時、

甘えさせてもくれないこんな親の元に生まれたことを

今、心底恨んでいるか?


いいや、恨んでくれて大いに結構!

LINEが断たれたことで、現実を見つめ、

這い上がってくるって信じているから~~!



その間、

娘との連絡を絶ったことを知らない友人からは



あたし・主婦の頭の中


そう聞かれると・・・



あたし・主婦の頭の中


答えるのに窮する日々を過ごしながら、

獅子母は、何度か谷底を覗きこんだ。


あたし・主婦の頭の中


あっ、これじゃ明子か?


私は、長女のFacebookをこっそり覗いていたのだよ。

そこにアップされる写真を通して、

長女の日常を垣間見た。


あら? 楽しんでんじゃないの!

あたし・主婦の頭の中

あたし・主婦の頭の中


なに? 青春してるじゃないの!

あたし・主婦の頭の中


そして、こっそり、

写真に、「いいね!」を押してくる。

それは、陰ながら応援しているんだよって印。


ついに、帰国の日が近づいてきた頃・・・


あたし・主婦の頭の中


あたし・主婦の頭の中

長女からの2週間ぶりのLINEが届いた。


あたし・主婦の頭の中


そこには1本の動画が貼られていた。

観ると、少し照れくさそうな長女の顔。



あたし・主婦の頭の中


だって! 



あたし・主婦の頭の中


母は携帯に向かって突っ込むことを忘れなかった。


それから、長女は、少しバツが悪そうにこう言った。



あたし・主婦の頭の中


日曜日・・・

やっぱり成田まで迎えに来て欲しいんだけど・・・。


もちろん!! 行くわ!


あたし・主婦の頭の中

谷底に突き落とした我が子は、

成長して笑顔で這い上がってきましたよ~~。



あたし・主婦の頭の中
そして、空港の外に出るなり、こう言ってのけてくれたわ。


あたし・主婦の頭の中


その台詞に、ママは「いいね!」を押したい!


そして、帰りの車の中、

長女が話してくれたカナダ出発の日のこと。


留学斡旋会社の人が、ホームステイ先に、

迎えに来てくれたの。


ホストファミリーは、

マム(お母さん)と、4歳と5歳の女の子、

マミー(おばあさん)がいるフィリピン人家族

だったのだけど・・・。


あたし・主婦の頭の中


通常なら、そこで、

ホストファミリーとは、さよならなんだ。



あたし・主婦の頭の中


そして、空港で最後のお別れの時、

子供たちはどんどん口数が少なくなっかった。

マムもマミーも号泣だった。

もちろん、私も・・・。


私、「帰りたくない」って泣いたんだ。

そしたらね、

マミー(おばあちゃん)がこう言ってくれたんだよ。



あたし・主婦の頭の中


私は、本当にステキな家族がカナダにできたって

嬉しかった。

なんて幸せなんだろうと思った。

本当に行ってよかった・・・。


そんな話を長女から聞き、

私は、カナダのステキな家族に心から感謝した。



あたし・主婦の頭の中


異国の地で、異文化に触れ、

外国人の家族の中で過ごした3週間は、

15歳の娘にとって、

何ごとにも代えがたい貴重な経験。

これからの娘の人生、大きな糧になるはずだ。


めでたし! めでたし!


そう思っていたところに・・・


あたし・主婦の頭の中


はい? 来年も行くって?

また母の節約の日々はつづくのか・・・? 



あたし・主婦の頭の中

この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。


   

  ★お知らせ★


HABA化粧品・廣森知恵子先生の
~肌のチカラ応援塾 参加者募集中~

・9月3日(火)
・9月17日(火) 開催!

廣森さんから直接お肌について教えてもらうことのできる
大人気講座! 詳しくはこちら  を見てね~
あたし・主婦の頭の中


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
長女が向こうに行ってから、そんなこんなで、私も頭が痛い日々を過ごしていました。長女が滞在中、つけていた日記、私とケンカした日には「なんなの! 愚痴も言っちゃいけないの? マジ、うざい! わけわかんない! ママ嫌!」と私の悪口がびっしりとつづられていた。