先週のことです。長女が私に言いました。


あたし・主婦の頭の中


手には紙を持ってました。その紙を私に差し出して・・・

「これ、誰だかわかる? 歴史上の人物なんだけど」


そこには男性の顔が描かれていました。

でも・・・すぐには思いつきません。


あたし・主婦の頭の中


ちょっと自信はないけど・・・


あたし・主婦の頭の中


すると、長女は途端に不機嫌な顔になり・・・


あたし・主婦の頭の中

いやだ、浪越徳治郎を知らないって?

ママ、エッセイの中にも書いたわよ! 

おじいちゃんが指圧を習っていた人よ。


あたし・主婦の頭の中


そう答えると、長女はさらに不機嫌になって・・・


あたし・主婦の頭の中


あっ、浪越徳治郎じゃ、やっぱりダメ?

でも・・・私の頭の中の『歴史上の人物名鑑』を

いくら探しても、該当する人物は出てきません・・・。


あたし・主婦の頭の中


すると、長女はヤケになって言いました。


あたし・主婦の頭の中


ちょっと待ってよ!!

○○ ○○?


あたし・主婦の頭の中


予期せぬ答えに大爆笑してしまった母。


あたし・主婦の頭の中


すると、長女は説明してくれました。


あたし・主婦の頭の中


それを聞いて、私の中の『親バカ』の血が騒ぎ出しました。


学校に提出するって?

壁に張り出された長女のこの似顔絵を見た級友たちは・・・


あたし・主婦の頭の中


そんなシーンが頭に浮かび、気がついたら・・・

こんなことを口走っていたの!


あたし・主婦の頭の中


なのに、長女ったら・・・


あたし・主婦の頭の中


なんて言うじゃないの!(って当たり前か?)


あたし・主婦の頭の中


「ママがわかるように描いてあげるって!!

ここはママに任せてよ!」


あたし・主婦の頭の中


「だから、かえっていいんじゃない!

適度に下手だから、親が描いたってばれないって!

とにかく、まぁ試しに描いてみるから見て頂戴!」


そうして、描きあげました。


あたし・主婦の頭の中


う・・・ん、なかなかいい線いってるじゃない?

と描いた絵を長女に見せると・・・キッパリとこう!


あたし・主婦の頭の中


「ママの絵だって、○○ ○○には見えないよ!」

「見えるわよ! 誰が見たって○○ ○○よ!」


そんな言い争いをしている時に、夫が帰ってきました。


「よし! ぺーちゃん! ここはパパに見せて

どっちの絵が○○ ○○に似ているか判断してもらいましょう!」


まずは長女の描いた絵を夫に見せてみました。

「これ、歴史上の人物なんだけど、誰だと思う?」


あたし・主婦の頭の中


とても悩んでいます。長い沈黙が続きました。


あたし・主婦の頭の中


じゃ今度は、ママの番ね。

私は自分の描いた絵を得意げに夫の前に差し出しました。


あたし・主婦の頭の中


ところが・・・夫、さらに悩んでいます。

長い沈黙の後、苦し紛れにこう言いました。


あたし・主婦の頭の中


ストロング金剛?

冗談じゃないわ! 歴史上の人物って言ったじゃないの!!


あたし・主婦の頭の中


私たちは痺れを切らして、こう言いました。


○○ ○○でしょ!!

それもわからないの! 


そう言うと、夫は・・・


あたし・主婦の頭の中


涙を流して笑っています。


あたし・主婦の頭の中


だから、私は説明しました。

学校に提出するんだって。だけど・・・

ぺーちゃんの絵が余りにも下手だからさ~


あたし・主婦の頭の中


そう言うと、夫は急に怒り出して・・・


「あなたって人は!!」


あたし・主婦の頭の中


子供の宿題を奪い、描いてやるって?!


あたし・主婦の頭の中


「それも、似ているならまだしも・・・

まったくといって似ていないじゃん!」


はい・・・返す言葉がない私でした。


★ここで皆さんに問題です★


「この歴史上の人物は誰でしょう?」


↓長女
あたし・主婦の頭の中


↓私
あたし・主婦の頭の中

あら? いやだ。答えを書かなくても、もうわかっちゃった?

 

答えは下に↓。


↑この絵をクリックお願いします。ランキングに加算されます。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
答えは、大隈重信さんです。 「やっぱり!」って? こんな誰でもすぐにわかってしまうような問題わざわざ出さなくてもいいって? すいません、似て過ぎちゃってごめんね。

ちなみに私の絵を見た姉は、真顔で「海坊主?」って!! だから、歴史上の人物って言ってるじゃん!

それにしても、長女の絵がとても気にってしまった私。携帯の待ち受け画面にしたいほどです。