子供の頃、電話が鳴るとね・・・

大抵、母が受話器を取る。

宝塚娘役のような高い声で・・・・。




幼心によくもあんな作り声が出せるなぁ

と感心していた。


でもね・・・そんな声が一瞬にして、

娘役から男役に変わる時があった。





その声を聞くと、すぐに相手が誰だかわかった。





そして、幼心によくもあんな一瞬にして声を

変えることができるなぁと感心していた。





そう思っていた私だから・・・今、

電話に出て、相手が誰だかわかったからって

露骨に声を変えるなんてことはしない。


なんて・・・ナンバーディスプレイというものが

出来てくれたお陰だったり、携帯の普及だったり・・・

便利な世の中になってくれたわ・・・。

出る前から、相手が誰だかわかるんだもん。

私はナンバーディスプレイ対応ボイスを使い分けるわ。


先日のことだ。

やっと子供たちを寝かしつけ、夫は飲み会。

自由な時間を思いっきり満喫していたわ。

深夜12時半。携帯が鳴った。

誰よ、こんな時間に・・・ってこの音は夫だ。





渋々電話に出たわ。





すると、夫がふざけたことを言い出した。





すごくかしこまった声でこう言った。

何言ってるの? 勘弁してよ! 魂胆はなによ?





すると、夫は真面目に答えた。





どういうことよ?





いかつい男?





いやだわ! 私ったら・・・

つい忙しくて・・・

そんな声で出てしまったのね・・・ハハハ。

娘役とまではいかないけど、優しい声で対応したわ。





すると夫は呑気にこんなことを言った。


「飲んだ後、ラーメン食べちゃってさ、

太るの怖いから今さ、一駅分歩いているんだよね~

歩いている途中に何か思いついたんだけどさ・・・





うん・・・たぶん大したことじゃなかったと思う」



だと?!






あの日以来、飲み会の日の夫からの電話は

いつもドスの効いたいかつい男が電話対応しています。

深夜のスペシャルサービスです。

夫からの電話、通常は、月組フェルゼンが対応しています。

皆さんは愛するご主人からの電話は

当然マリー・アントワネットかしら?



←物を頼む時はマリーよ

この絵をクリックお願いします。ランキングに反映されます。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

コメント欄閉じたつもりが開きっぱなしでしたね・・・。この年齢になると、いろいろ締まりが悪くなってしまうようです。コメントを下さった方ありがとうございました。

急に寒くなってきましたね。どうかお風邪などひかれませんように・・・。

では、今日も最後までお付き合い下さり、ありがとうございました。