この間の嵐の「ひみつのアラシちゃん」見た?


大野君と櫻井君がベビーシッターしたの。

行った先はタレントの新山千春さんのお宅。

お子さんはうちの子と同じ1歳10ヶ月の女の子!

大野君と桜井君にお嬢さんを預けて、

ママはお仕事に出掛けたわ!





大野君と櫻井君がベビーシッターしてくれるなんて!!





きっとこの時間、

子育て中の嵐ファンのママたち、

日本の至るところで、私のように叫んでいたに違いない!


「あーん! うちにも来てよ!」って。


そんな私を見て夫が言ったわ。





どーゆー意味よ?


「だってさ、想像できるよ・・・

あなたが興奮して大歓迎しているその姿が・・・





目に浮かぶもの・・・」





「何言ってるのよ!」





私が外出しなかったら、番組が成り立たないじゃない!!

ちゃんと外出は、するわよ!

でもね・・・




そしてね・・・



そう、しっかりお隣の家に上がりこんで、

大野君と櫻井君、眺めさせてもらうわ!!

その一部始終をね!




いっそこの日は、娘と中身入れ替わりたい・・・。


その話を嵐ファンの友達Tちゃんに話してたらね、

Tちゃんが言ったの。





そう、ベビーシッターをした企画すごく楽しかったんだけど、

見た後、少し淋しく感じたって?!





何だかさ~

大野君、櫻井君の子供を見つめる優しい視線

見ていたらさ・・・





きっといつか彼らも結婚してパパになってしまうのね・・・

なんて思っちゃって・・・、淋しくなったんじゃない? 違う?





「カータン、そう! そうなのよ!

自分は結婚して子供までいるくせに、

そんな気持ちになっちゃったの!!」


「わかるわ~

若い子みたいに泣いたりはしないけど・・・

何だかちょっぴり切なくなるものなのよね~」


なーんて身勝手な話していると・・・Tちゃんが言った。





えっ?





そうだ! 前回書いた記事 に頂いたコメントにあったわ。

番組の観覧、応募要件には書いてなくても

歌番組とかお笑い番組には年齢の上限があるって

皆さんが教えてくれたわね・・・。





29歳の大きな壁!!


テレビのビジュアルに耐えられるのが

29歳までだというのか・・・?



でも!! 私はあきらめたくない!

そうよ!

意を決して、Tちゃんに言ったわ!!





アラフォーだって、女の古よ!

番組観覧してワクワクしたいわ!(みのさん以外で)


私は早速ハガキを書いた!





正直に自分の年齢を書いた後、

出演者にひと言etc・・・の項目にこう書いた!


いつも楽しく見ています。嵐の大ファンの主婦です。
今年の24時間テレビのメインパーソナリティーが嵐と聞き、

早速ボランティアに応募しようとしたら、

なんと年齢制限が29歳までだと知りました。


そのショックを自分のブログで記事にしたところ、

沢山のコメントを頂きました。
その中で多くの方が、番組観覧には殆ど29歳という年齢制限が

設けられていると言ってました。

ビジュアル的に耐えられる年齢という説がありますが、本当でしょうか?


こちらの小学校5年生以上の方という上限なしの言葉を信じ、

是非にともという気持ちで今回応募させて頂きました。

ひみつのアラシちゃんがアラフォー世代の私たちに

優しい番組であることを祈ってます。




びっしりと書いて今日投函した。

でも・・・ポストに入れた後・・・


ハッ!

書き忘れたわ!!

追伸として付け加えておけばよかったわ・・・。


追伸:

客席の片隅で構いません・・・。

テレビに自分が映るなんてことはこれっぽっちも考えていません・・・。

また、もし選んで頂けた時には、

きちんとマイライト持参で・・・少しでも若く見えるように、

努力します! しますから!!






1回で当たるなんて思っていないわ。

例え29歳以下でも、人気番組だもん、観覧希望者は沢山いるはず!


でも、私、頑張る!

出し続けるわ! あきらめない!!


嵐ファン、アイドルファンの女の古代表として、

アラフォーのあくなき挑戦続けていくから!!


←いよいよ明日!

1日1ポチお願いします。大きな励みになります! 押してって~


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

前回の記事にもたくさんのコメントをどうもありがとうございました。番組観覧・・・若い子が良いんですよね。

エン○の神様なんか見てて、桜塚やっくんに指される子、皆若いもんね・・・。「もーー私だったら、もっと面白いこと言えるのに!」なんて思っていた私、愚かでした。私には参加する資格すらなかったんですね(涙)。

いよいよ明日は東京ドームです! 楽しんできます!

今日も最後までお付き合いくださり、どうもありがとうございました。