あれはまだM子様がお妃候補として

世間を騒がしていたときのこと・・・


マスコミに追いかけられ・・・

M子様はきっぱりと答えていらした。





「わたくしには関係ございません!」






そんな姿をテレビで見るたび、思ったものだ。


「大変だよな~M子さんも・・・」



そんなことを思いながら、眠りについた

ある日のこと。

私は夢を見た。


*今日は全然似てないけど、子どもの頃大好きだった

  楳図かずおさんの恐怖漫画タッチでお送りします。




あら?

今、私の目の前にいるこの方は・・・

そう・・・○宮さま・・・






私のことを大切にするって・・・?


そう、キャリアを捨てきれなかったM子様・・・

その後、私は○宮さまに見初められ

皇族に嫁いだのだった。


皇族としての生活・・・

○宮さまはとても優しくして下さったけど・・・

民間出身の私には慣れない事が多すぎて

ストレスが日に日に溜まっていった・・・。





横を見ると、

昼間のご公務でお疲れの○宮さまは

早くも寝息をたてていらした。






寝室を抜け出し・・・

まるで迷路のような宮中を走った・・・






誰にも見つからないように・・・






宮中の奥の奥に・・・

もう何年も使われていないような部屋があった。







私はその部屋に入ると・・・

しゃがみこみ・・・



カチャ








な、なにをしているの?







って、

別に禁じられた遊びをしているわけではない・・・





ストレスだらけの宮中での生活・・・

唯一の解消法は深夜の一服だった・・・




その時だ!!









「あなた!

この部屋で何をしてるの!」




そ、その姿は

  美○子さま!!






ひーーーっ!!




ってところで目が覚めた・・・。






去年、同期との忘年会で、

なぜか妄想癖の話になり、

昔に見たこの夢の話を皆にしたら・・・。


皆に爆笑され、

そして、呆れられた・・・。


「皇族と結婚するって夢もあきれるけど、

タバコを吸って美○子さまに見つかるオチって・・・

妄想するにもほどがある」


と・・・。


うん・・・今回これ描いてて、

久々に恥ずかしいって感情に襲われたわ・・・。



←美○子様、こんな娘をお許しください!

皆さんのお陰です。ありがとう♪今日もここをポチとお願い!



▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

昨日の記事にもたくさんのコメントをどうもありがとうございました。UFO、信じてくれてありがとう!でも、本当にあのくらい大きくクッキリ見えたのです!

今日描いた夢・・・まさに楳図かずおタッチな夢だったので、どうしても真似して描いてみたかったのです。昨日ブックオフで楳図先生の漫画数冊買ってきました。今日1日自分の漫画そっちのけで、どっぷり楳図ワールドにハマリました・・・。今読んでもホントに怖いよ!

今日も最後まで読んでくださり、ありがとう~♪