クチコミ番付参加中

本文はここから


ゲッゲッゲゲゲのゲ~

一反木綿の声は柳沢慎吾です。他にも石原良純、

デーブ・スペクター、石井一久、伊集院光など他にも

有名芸能人が声優として参加



こどもの日、私はスパイダーマン3が観たかったのに、娘はゲゲゲの鬼太郎がいい!と言い張り・・・。やっぱ・・・私も親・・・こどもの日、百歩譲ってゲゲゲの鬼太郎を観ることに・・・。

しかもすでにゲゲゲはほぼ満席で、並びで席が取れるのは前から2列目しかないと言われた。仕方なく別々の席に座ることになってしまった。


「ママ、パンフレット買って~にこ*


という娘に


「いいの、パンフは!

ほら、ポップコーン買ってあげるからね!いい?」


だって、他のパンフは600円のところ、ゲゲゲは700円、100円も高いのだよ!(たかが100円だろ?ってか)


「映画が終わってママが迎えに来るまで席を立たないんだよ!」


と娘に言い聞かし、場内で別れる。


ケッ!かお何でゲゲゲに2800円?

スパイダーマン3に2800円ならわかるけど、ゲゲゲに2800円高くない?

(あんたの価値観だろ!)

あぁー席も別々なら、私スパイダーマン観て、娘ゲゲゲの鬼太郎観て、後で合流でも全然良かったじゃん!


ブツクサ言ってる間に上映時間。





♪ゲッ・ゲッ・ゲゲゲのゲ~

  


    朝は寝床でグ~グ~グ~♪



あの名曲が流れ出し・・・


そしたらどうよ!




私、泣いてるじゃん!かお





完璧、心の軟らかいこと突付かれました。


まず小学生の男の子・健太が妖怪ポストに鬼太郎への手紙を入れる。このところ、彼の住んでいる団地の周りでは、不気味な妖怪だちが現れ、住民を恐怖に陥れていたのだ。だから、鬼太郎に助けに来て欲しいと。

健太の姉(井上真央)は手に触れられるものしか信じない性格で、健太が鬼太郎に手紙を出したからきっと助けに来てくれると話しても信じない。



つくしです?
「私は目に見えて触れるものしか信じません」

って、これが井上真央と信じれるか?信じられん・・・



ところが夜、遠くから下駄の音が!



カランコロン~



ここでまた号泣!かお



「鬼太郎!やっぽり来てくれたんだね泣


↑これ健太の台詞ではありません。私の心の声。

鬼太郎がウエンツ瑛士というところもいい。この間まで「なぜウエンツ?」と思っていたけど、あのウエンツだからいいのですよ。

来てくれたことにありがた味が増す!(あんたの趣味の問題だろって?)


早くも鬼太郎ワールドにどっぷりハマってしまった。


それに大泉洋の扮するねずみ男がまだ最高で、



完全主役喰ってます
大泉洋さん、あなたはネズミ男を演じるために

生まれてきたのでしょうか?



ねずみ男が登場するたび、場内大爆笑!


その中でひときわ大きな笑い声をあげていたには?


           そう!この私。


まるで綾小路きみまろのステージ見てるおばちゃんのように手を叩いて、ヒーヒーあせる笑っちゃいました。

これ、ウエンツが鬼太郎じゃなかったら、完璧に主役持ってからてますよ、大泉洋に。ウエンツのイケメンが鬼太郎を支えているんですよ。

西田敏行も


西田敏行?見えません・・・
  輪入道。燃えながら車輪になり機関車を動かす



「釣りバカ日誌」の浜ちゃんさながらのボケた演技にまた場内爆笑!


室井滋の砂かけ婆とかんぺーちゃんの子なき爺もはまり役でした!
いい味出してます


それから知ってた?


鬼太郎が「髪の毛針」

(髪の毛が針のようになって、相手に発射される技)


髪の毛針~トイヤーー


すると、













えっ?あせる


ツルッツル~

  つるっパゲ~~!


髪の毛針使った後、つるっパゲのウエンツがアップになるんだけど、場内ひぇ~どよめきました。

そして、すぐに次のシーンで例のワンレンになっていた時には皆、なぜかほっとして


「は、生えてる・・・・HAPPY


と独り言多発。もちろん、私も例に漏れず・・・。


さて、ストーリーは鬼太郎が妖怪と闘って・・・

そして、人間の娘・井上真央に恋ラブラブをするんですよ。

井上真央も鬼太郎に・・・。しかし、妖怪が人間に恋をするのは御法度ということで、目玉おやじが


↓例の口調で読んでね

目玉親父「鬼太郎、悪く思わんでくれよ」


と鬼太郎に内緒で友人のモノワスレ(谷啓)に頼んで、健太とお姉ちゃんの記憶を消してしまう。


それを知らない鬼太郎。いつものように2人の前に現れ


鬼太郎「よっ!健太!」


と声を掛ける。

すると、健太も井上真央も怪訝そうな顔で鬼太郎を見る。



泣きました!泣きました!かお



「私は忘れない!

こんなイケメン、絶対に忘れない」


↑これ井上真央の台詞ではありません。

私の心の声です。(言わんでもええ・・・)


本当に大いに笑い、大いに泣いた2時間でした。

これで2人で2800円? 安くない?かお




映画が終わり、娘とロビーに行き・・・


「もうわかったわよ!かお

パンフレット欲しいんでしょ!

仕方ないわね!

今日はこどもの日だから特別よ」



って・・・・


あんたが

   見たいんだろうが!



追伸:GWの映画観客動員数、ゲゲゲの鬼太郎なんと2位だったそうです!