【2008年のブログ記事です。

41歳の誕生日を迎えたばかり。

この頃、アラフォーなる言葉が流行り始めました】



around 40・・・

この頃のお気に入りの言葉です。


around 40・・・


略して「アラフォー」

40前後の世代のこと


この曖昧さが気に入りました。






先日の土曜日、

私の誕生日の翌日のことです。


友達の結婚の祝いの会で集まりました。

主役を中心にたくさんの人が集まったので、

初対面の方も沢山いました。






彼女の結婚の祝杯を上げていると、

同期のH子が私に言いました。


そういえば・・・






「で、いくつになったんだっけ?」


仲の良い同期です。

彼女は私の年なんて当然知ってます。

単なるイジメです・・・。


気のせいかもしれませんが・・・

初対面の方々は、

その質問の答えに集中力MAXです。






あら~こんな時こそ、

あの言葉で返しましょう!






この

around 40↑

語尾を疑問文的に↑します・・・。

この↑で、相手に選択権を与えるのです。


「どれにする↑」みたいに・・・。






大きな声で言ってやったわ!



「H子!あなた、38よね?

あなたも私もaround 40!

仲間じゃない~ははん~」



ホント、いい言葉だわ!

around 40!



話は変わり、

昨日実家に行きました。


実家には留学生のスティーブが

ホームスティしています。


スティーブというと・・・

鼻の高いブロンドの・・・青年を想像しそうですが、

外見は・・・






彼はお父さんが日系アメリカ人、

お母さんが中国系アメリカ人

だから、外見はたっちなのです!(関係ないけど)


両親とも日本語は喋れません。


しかし、彼は高校時代、

日本の田舎の高校に1年間留学していた経験から

日本語がメチャクチャ上手い!


でもって、今時の高校生の日本語を話します。


歴代の留学生たちは皆、

とても礼儀正しい日本語を話していました。

(例え、六本木でブイブイ遊んでいようが・・・)







ちょっと予言者的なその言い方も

なんとも可愛い・・・好感が持てます。


しかし、スティーブは

いたって真面目な学生だけど・・・


日本語は日本の若者






そう、昨日の話ですね・・・


実家で姉と私と

「今度からaround 40で切り抜けれるわ」

なんて話していると、


横にいたスティーブが口を挟んできました。







pardon?(えっ?)






何言ってるの?スティーブ!


アナタハ・・・

英語ワカリマセンカ?


around デスヨ・・・


すると、彼はキッパリと言いました!

流暢な日本語でこう!





late 30じゃなく、around 40・・・


「40越えてんの

モロバレじゃねぇ?」






アメリカは知りマセンガ・・・

日本はそうデス!


知らないのデスカ? YOUは・・・?


日本語まだまだ勉強必要デスネ・・・


しどろもどろ・・・

弁解してたら・・・






でたよ!スティーブの18番!

若者お得意の

会話投げ出し態勢入りましたの合図が!



スティーブよぉ~






図星だからだよ!

ちくしょー!


around 40 


私のお気に入り語録から撤収です・・・。





1日1ポチお願いします!大きな励みになります。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

ステーブの言っていること今ならわかる。現在、私47歳。アラフィフとなった今じゃ、あまりアラフィフとは使いたくないわね~。late 40もイヤ、できればaround middle 40ぐらいに留めたいわ!