おしんスッチー機内ペット珍事件簿(1)
からのつづきです

今回はMっちの話ね。

あれはパリからのフライト。

食事のサービスが終わって、
映画上映で機内を暗くすると
私たちCAはギャレーの中で食事をとる。

クロネコ435 

とその時、ギャレーのカーテンが開いた。

見ると、30代くらいの日本人女性。

クロネコ436

猫・・・?

クロネコ437

今日のフライト、
ペット連れのお客さんが搭乗されたわ。

あの猫が脱走したというのか!!

どんなニャンコかと聞けば、
『黒猫』だという。

今、機内は暗い・・・ってことは?

クロネコ439

他の乗務員にも事情を話し、
皆で機内を手分けして探すことになった。

なるべく他のお客さんに知られないように見つけ出したい!!

しかし、相手は猫・・・
それも黒猫・・・。

クロネコ440

なかなか見つからない。

クロネコ441

その時、暗い機内の前方に
キラリ~ン!と光る二つ眼が!!

クロネコ442

あそこにいた!!!!

暗い機内の中、猫の目はよく目立つ!

しかし、その眼を追うと、
すぐに光る眼は闇の中に消えていく。

そんなことの繰り返し。

クロネコ444

ところが、
ついに黒猫がギャレーのカーテンの中に
飛び込んでいく姿を発見!

クロネコ445

急いで乗務員でギャレーを囲み

クロネコ446

無事、ギャレーの中で
ニャンコを保護することに成功したのだった。

きっとニャンコも慣れない機内の中
不安だだったに違いないわ。

クロネコ443

飼い主に黒猫を引き渡す時には、
厳重注意だ!

ところが飼い主の女性ったら

クロネコ447

ねぇ・・・・
まずご迷惑おかけしましたが先じゃないの?
そりゃ、嬉しいのはわかるけど、
光る眼、追いかけたあの労力、
労う言葉はないんかい!!

twitter
facebook

10029397236_s

↑この絵をクリックお願いします

□■□■□■□■□□■□■□■□■
今朝、洗濯機が壊れました・・・。すすぎのところで止まってしまう。それでも、認めたくなく、また最初からやり直してみる。でも、やっぱりすすぎで止まる。そんなことを3回も繰り返してしまった。
←そんなことしてるんなら、コインランドリーに行けって?