金沢1泊2日同期会(4)からの
つづきです

夜は、地元の居酒屋に行く。

K美が以前金沢を訪れた際に、
行ったお店がすごくよかったと、
事前に電話をしてくれたのだが、
予約がいっぱいで取れなかったそう。

でも、そこであきらめないのが女の古。

スキャン 1324

テレフォンショッキング?
そのお店の人に、
しっかり紹介してもらったのだという。

この夜の部で、長野から参加した
Mっちゃんとも合流した。

BlogPaint
いつもこういうとき、K美が動いて撮ってくれる

BlogPaint

そして、その店から次の店に行き、
11時頃、コンビニで3次会用の
つまみやお酒などを買い込み、
ホテルへ戻る。

スキャン 1325

皆の部屋は、同じフロアの一角。

部屋に戻り、
「楽な服ってこれでいいのか?」
「いいよ!さっと移動すれば!」
ということで

スキャン 1326

浴衣もどき(人間ドックの服に近い)で
隣の部屋に飛び込んだわ!

皆が揃ったところで、私は言った。

スキャン 1327

 「えっ、なになに?」
早くも女の古たちは大騒ぎよ。

スキャン 1328

それは、新人研修のとき、
同期全員で撮った集合写真。

日本人だけじゃなく、
香港、台湾の同期も加わり、
総勢59人のCAの卵たち。

スキャン 1329
↑心配することなかった。皆、浴衣もどきだった
まるで人間ドックの待合室状態?

25年前の初々しい姿に大興奮よ。
よかったわ! 
こんなに喜んでもらえて、
持ってきた甲斐があるってもんよ。

しかし・・・
喜んでいたのもつかの間。

スキャン 1330

顔が小さ過ぎて、老眼では見えないと。

そのうち、Hちゃんが
「いいこと思いついた!」と言って、
スマホでその写真を撮り始めた。

そして、得意げになって見せてくれた。

スキャン 1331

スマホ虫眼鏡作戦っていうわけね?
それからは、この作戦を生かし、

スキャン 1332

女の古の目にも優しい大きさで
25年前の自分たちの姿を
じっくり観察できたわけだけど・・・

ホント、もう赤面よ〜。  
昔っぽい化粧と髪型で
まぁイキがっちゃって〜!!!

でもね・・・
やっぱり若さって眩しいものよね。

落ち着いたところで、第二弾よ。

スキャン 1333

そう言って、私はベッドの上に
大きな紙を広げたわ!

スキャン 1334

それは、模造紙に書かれた双六だ。

11721165_682835855182832_372216639_n
*先輩の悪口、社内の秘密等、露骨に書いてあるのでモザイク掛けました

あれは、
入社4年目の年末のこと。

楽しい日本の年末年始、
滞在先のホテルで淋しく過ごす
可哀相な同期(自分を含め)のために、

少しでも楽しい年末年始が
過ごせるようにと

今回はここに来られなかった
Gちゃんと私が一緒に作った双六だ。

確か双六の丸いコマは、
ビジネスクラスのコースターを
用いて円を書いたんだっけ・・・。

スキャン 1335

この双六は、
CAの卵からスタートして・・・
ジュニア→中堅→シニア→お局CAとなり
ゴールを迎える。

思い出すわ〜
日本から運んできたお餅や
緑のたぬきを食べながら、
ホテルでこの双六に興じていた
あの日がホント昨日のことのようよ。

M子が1コマずつ読み上げてくれた。
まずは、合格通知からスタート。

BlogPaint

そして、1ヶ月の研修が始まり、
『最終テストに合格』して、
『日本に帰国』

『CAの卵としてOJTに飛び立つ』

その後も
『○○先輩に部屋に呼び出され説教』、
『OJTで早くもK先輩にいじめられ、
4コマも戻る』
K先輩を知らない方は↓

(K先輩のいじめ物語【まとめ】)

それでもなんとか頑張って
『フライト2年目に突入』
『待望の後輩が入ってくる』
『後輩に力仕事の極意を教える』
『新人の仕事のできなさを嘆く』
などがあって・・・

スキャン 1336

『ついに三年目突入!』
先輩の余裕が出てきた頃ね。
『ジャンプシートで新人に肩を揉ませる』
『ホテルの部屋に男を連れ込みアヘアヘ

スキャン 1337

ついには・・・

37

『4年目に突入!』
双六を作ったその時ね!

だから、ここから先は、
想像のゾーンに入って行く。

『○子から(結婚して子どもを産んだ同期)
子どもの成人式の写真が送られて来る』
『機長とは今じゃすっかりタメ口』

そして、ここで全員止まる!!!
とうとう退職へ向けて動き出す。

BlogPaint

ラストは・・・
運命の分かれ道が待っている。

サイコロを振って・・・

スキャン 1338

スキャン 1339

スキャン 1340

スキャン 1341

ゴールまで読み上げたとき、
皆で言い合ったわ〜。

スキャン 1342

しみじみと誰かが言った。

「20代の頃はさ、
アラフィフなんて想像もできないくらい
遠い存在だったよね〜」

そうよね〜
だからあの時は20年くらい先までしか
考えられなかったんだわ!

それにしても・・・
あの頃の私たち、
今の私たちに失礼じゃない?!

スキャン 1343

えぇえぇ、確かに年は取ったわよ!
でも、経験値では負けないわよ!
聞いてんの? 
双六作ってるそこの小娘!
って私のことじゃん?  


こうして、古娘たちの夜はしっぽりと
いや、騒がしく更けて行くのだった〜
      いよいよ最終回につづく〜

10029397236_s
↑この絵をクリックお願いします。
ランキングに参加してます

twitter
Facebook
Instagram
You Tube


□■□■□■□■□□■□■□■□■
よく取っておいてくれた!と皆に感謝されたんだけど、双六には所々に『アクシデントゾーン』というポイントがあって、アクシデントカードを引いてね!と書いてあるの。記憶を辿れば、機内で預かった荷物や服につけるタグを使って、アクシデントカード作ったよーな。でも、それは残念ながら見つからないのよ。引っ越しのとき、なくしたのか? それともどこか探せば出てくるのか?