ブログに載せていない過去記事を加筆して載せました。絵はスクショしたので、滲んでいて見づらくてすみません!

今はどうか知らないけど、
私が働いていた時代、
日本のエアラインの乗務員さんって、
自宅からタクシーで
空港まで通っていた。(たぶん)

でも、外資のエアラインの多くは
交通費が支給される場合が多かった。

例に漏れず、
私がいたエアラインもそうだった。

1回のフライトでいくらと決まっていて
それをどう使おうと自由。


彼氏に送り迎えしてもらっていたら、
月の交通費はまるまる懐に・・・
なんて場合もありだし、使い方は人それぞれ。


私は、新宿からリムジンバスか
電車で日暮里か上野に行って、
そこからスカイライナーで
成田に通っていた。


それを一か月繰り返すと、
ちょっとしたおこづかいが残る。
それで、ブランド物のバッグとか
靴を海外で買う・・・←セコイ?


あれはまだ新人の頃、
明日からロサンジェルスに行く前日の
寒~い寒~い夜のことだった。

テレビを見ていると、
ニュースキャスターが言った。


40

初めての雪の日のフライトだ。
飛行機は無事に飛び立てるんだろうか・・・。

何だか大変そうだわ・・・
私は覚悟を決めた。


49

翌朝、カーテンを開けてみると・・・
やっぱりだ!


55

すでにかなり積もっている・・・。
私は急いで支度をして・・・


04

そして、家を出た。


15

辛い職業よね。
こんな雪の日だって・・・
ビシっと決める。そうよ、


34


なんて・・・わけないわ。
こんな雪の日よ。
完全防備で出かけたわ!


41

どこかで見たような格好だって?
これかしら?


48

ミシュランな私はいつも通りに
日暮里に向かったわ。

なーんだ。
雪が降っていたって、
案外スムーズで来れたじゃない。

と、安心したもの束の間!


59


スカイライナーはなんと
雪の影響で止まってるいるじゃん!


06

あーん! 遅刻したら大変だわ!
次に目指すは、東京駅よ!
東京駅からリムジンバスに乗ればいい!


13


必死の思いで東京駅に着いたのに・・・


28

前方に見えるは・・・


36

リムジンバス待ちの長蛇の列!!
とてもじゃないけど
すぐには乗れそうにもなかった。


43


でも、飛行機は待ってはくれない!
タクシーで行くしかないわね!


59


でも、私には問題があった。
そのときの所持金1万ほど。

今やタクシーでカードが使えるのは
当たり前だけど、
当時、まだカードが使えるタクシーは
多くはなかった。 


06

随分待って、やっと自分の番が来た。
私は開いたドアから運転手さんに
聞いてみたのね。


17

すると、タクシー待ちの長蛇の列に
すっかり気が大きくなった
運転手さんは無愛想に手を振った。

そう・・・まるでこんなセリフが
ぴったりという感じに。


27

仕方ない。順番を譲るしかない。
後ろに並んでいた男性に言った。


36

すると、その男性は、


43

だから、私は正直に言ったの。


53

すると、その男性は、


03

なんて!!

12


ねぇ、おじさん・・・


20

私はその紳士(紳士と呼ばせて)の
タクシーに同乗させてもらったの。


28

道中、紳士は言ったわ。


49

学生だなんて・・・いやだ~
実は私・・・と言いかけて


02


(バブル時代の)スッチーの
財布の中身が一万円なんて!
私はとっさに嘘をついた!
他の乗務員の名誉のためにも。


09

その後も、成田までの長い道のり・・・
会話の節々に・・・


18


女優!女優!女優!
お金のない貧乏学生を
アピールすることに必死!

やっと成田に着いて
私は自分の分のタクシー代を
その紳士に差し出した。


25

すると、紳士ったら・・・


36

何回か
「いえ、そんな受け取ってください」
と言ったんだけど、
タクシーの中で「貧乏学生」を
強調し過ぎた私から
お金を受け取ってはくれなかった。

おばさんになった今ならわかる。
そりゃ受け取れないわよね・・・。 


45

私は深々と頭をさげて
あしながおじさんとそこで別れた。

フライトは、大雪にもかかわらず
定刻通り飛び立つことになり、
ボーディングが始まった。


02

良い人に巡り合った日。
私はいつもより良い笑顔でご挨拶よ!


11

とそのときだった。
私の目に飛び込んできたのは!!


21


前方に見えるのは・・・
私の・・・あしながおじさんでは
あーりませんか? 


30

あしながおじさんが、
搭乗口に向かってくる。

まずい!
この飛行機に乗るお客さんなのか?

越後のちりめん問屋と
名乗っていたおじいさんの正体が
水戸黄門だったのならカッコイイ。

しかし、意図的にではないにしろ、
貧乏学生装っていた私が
こんなところで挨拶していちゃ
マズイよね・・・?


39

私はあしながおじさんが
自分の前を通り過ぎるまで、
ずっとずっと・・・頭を下げていた。


48

それは、タクシー代のお礼と
嘘をついてたお詫び。
あしながおじさん、すみませんでした!




↑この絵をクリックお願いします!
励みになります!


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
追記:その後、機内でバレなかったかって?幸いあしながおじさんはビジネスクラスで・・・新人の私はエコノミークラス担当だったので、大丈夫でした。あんなにオドオドしたフライトは後にも先にもあの時だけ。
でも、ここで改めて伝えたいです。あしながおじさん、私も困った若者がいたらあしながおばさんになります!足短いけど、あのお礼はそうやって返していきます! あのときは本当にお世話になりました!!