私の父(3)からの続きです

嫌がらずにデイサービスに
通い出した父だったが、
慣れない環境で気を使うらしく、
帰ってくると、すぐに疲れて寝てしまう日々だった。

スキャン 704

しかし、1ヶ月もするとすっかり慣れ

スキャン 705

父は目が見えている?
思わずそう思うくらい
その日あったことを
まるで見てきたかのように
詳細に説明するようになった。

スキャン 706

父は周りの女性(父よりずっと年上)を
得意の妄想力を使ってかなりの美女に
思い浮かべているらしかった。

それが証拠に・・・

「今日、パパはみんなにこう言ったよ」

スキャン 707

「そう言ったら、みんな
しーんとしちゃったから」

スキャン 708

「そう言ったら、もう周りの女性は
いやだ〜って大笑いだったよ」

実に都合よく、父の頭の中には
こんな光景が描かれている?

スキャン 709

おそらく現実は・・・

スキャン 710

こうであっても・・・。

デイサービスでは
日中はいろいろなレクレーションがあるらしい。

散歩や俳句を詠んだり、
老化防止の簡単な運動をしたり。

でも、父が一番好きなのは歌。

スキャン 717

そう言って歌ってくれるのだけど
まぁうるさいのなんのって!

でも、そんな姿を見ていると
歌番組全盛期に育った私世代が
デイサービスに通うことになったら

明菜や聖子やマッチ、
大都会やルビーの指輪やガンダーラ
みんなで大合唱して
なんだかすごく楽しそうよ!

スキャン 718

朝から晩まで歌ってそうよ!

またイベントもあって、
月に一度バンドが来てくれるらしい。

スキャン 719

学生時代、ボクシングをやっていて、
数年前まで学生にも
ボクシングを教えていた父にとって
ロッキーのテーマソングは
とても思い入れのある曲。

スキャン 720

そう約束して迎えた翌月。

バンドの方は、父がリクエストした曲
『ロッキーのテーマ』を演奏してくれた。

「ロッキーのテーマが流れた途端、
もう涙が止まらなくなって・・・
若い時の思い出が頭の中を駆け巡ってね
号泣だったよ・・・」

スキャン 721

「そしたら、バンドの人が喜んでくれて
またなんでも演奏しますからと
固い握手をしてくれたんだよ」
と嬉しそうに話していた。

そして、最近では母に
こんなことを頼むようになったそうだ。

スキャン 711

なんでもある日、
父が可愛いTシャツを着て行ったら

スキャン 715

周りのお姉様方が
とても褒めてくださったらしく

スキャン 716

服もネタにしようという気か?

でも、このように
デイサービスを楽しんでいる父。
そんな父を見ていると、
私の老後も明るく思える。

老いてもなお
人を笑わせることが生きがい!
私もそんな老人になろう!
↑ってそこかい?



↑この絵をクリックお願いします
更新の励みになります

友だち追加数
↑公式アカウントもよろしくです

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
発表の舞台を与えられた芸人のように、嬉々としてデイサービスに通っている父です。そうね、家では、もう母は聞き慣れて、大して笑いも取れないから・・・。うちの娘曰く「デイサービスに通うようになって、おじいちゃんますます笑いさえ出したよ」と。