長女のお友達が遊びに来た。

1

すると、長女が興奮見気味にこう言った。

2

イケメンと聞いたら、
目の保養に見ておかなくちゃね!

そして、見せてくれた写真が!

3

私はすぐにMちゃんに聞いたわ。

4

なんて羨ましい!

姉しかない私は
子供の頃から憧れだったわ〜。

もし自分にお兄ちゃんがいたら・・・


5

家族が寝静まりシーンした家。
物音を立てないように、そっと玄関を入ると

6

玄関で待っていたのは、兄キだった!

7

かなりおかんむりの様子。

8
9

こんな妄想を破ったのは、
甲高い長女の声。

10

見せてもらった写真がこれ!

11

再び私の妄想が頭の中を駆け巡った。

こんな可愛い彼女がお兄ちゃんにいたら・・・

12

私が学校から帰ったら
兄キの彼女が遊びに来てたの。

14

私はそっけなく応えるわ。

15

そして、ドアをピシャリと閉めるの。

16

私はMちゃんに聞いてみた。

13

ところがMちゃんったら

19

なんでって!!!

18

3人で遊ぶ?

すぐに私の頭の中に浮かんだのは
こんな光景。

20

やっぱりもう一度聞いてみよう!

17

もう! Mちゃんどんだけ
私の期待裏切るのよ!

と、その時、
私の考えてることを察した長女が

21

さらにこう言ったのだ。

22

そうか・・・
それで私には息子もいないんか!
神様はお見通しか?




友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
「私にもし、かっこいいお兄ちゃんがいたら、彼女に絶対嫉妬しちゃう!」そう言ったら夫に「大丈夫だよ!あなたのお兄ちゃんなら、そんな潤くんみたいな顔は生まれてこないからさ」って。失礼しちゃうわ!(でも、そうだわ!)