(3)からのつづきです

マレーシアにつづき、
翌日は第二の寄港地・タイのプーケット島へ。

今回は、港に船が停泊できないので、
小型ボートに乗り換えての入国だ。

BlogPaint

海の上から改めて豪華客船を見ると

IMG_9767s

小型ボートに揺られ、
ついにプーケット島に上陸よ。 

IMG_9777s

港の周りには露天商がたくさん出ている。

140663s

バスに乗り、まず途中で降りた場所は

1

最初、ここがどこなのか
かわかなかったけど
スリ・ブラパ・オーキッドという
カシューナッツ工場。

入ったらすぐに
カシューナッツの殻を剥く
デモンストレーションをしていた。

140666s

一見、黄色いピーマンみたいだけど
よく見ると先端にはカシューナッツの実!

2

工場からの直売所だけあって
カシューナッツの種類も豊富。
試食ができるから

3

いやーーー本当、試食しまくり!

4

でも、試食だけして逃げたりはしない。

5
6

どの観光客より爆買いしたわ!
それも土産用ではない、自分用に。
本当、これ美味しかったから!

25

日本に買ってきて

7

どんどんなくなっていき、
ネットで買おうと思って探したら・・・

8

そのショックったら!

プーケットに行ったらぜひ、
爆買いすることをお勧めする!

次は、一路パトンビーチへ。

140711s

プーケット最大のショッピングモールに
案内された。

が、私たちにはショッピングより
行きたかった場所があった!

31

そう、私たちが行きたかった場所!
プーケットといったらここ! 

サイモンキャバレー!

170630_0753s

きらびやかな衣装を身にまとった
ニューハーフの方たちによるショー!

170630_0742s

その時、ホント偶然にも
日本のマリリンからLINE。
旬の芸能ニュースを届けてくれた。

10

なに? 
写真撮影が一番のドラマだって?

ショーは確かに綺麗だった。
煌びやかで、まるで宝塚みたい!

11

かなり印象に残ったショー。

それが証拠に

17

今でもショーの歌が止まらない。

でも、マリリンは言った。
最大の見せ場は記念撮影であると!

アナウンスが入ったわ!

12

ついに来た!!!一番の見せ場が!

期待を胸に出口に向かうと

141924

煌びやかな踊り子さんが
まるで某温泉旅館のお見送りのように
並んでいる。

一人でも多くのお客さんと
一緒に写真を撮ろうと、手招いてる。

18

そこに吸い寄せられているお客。

19

よく見ると、
やはり美しい人のところには
お客さんがたくさん集まっている。

20

その横で・・・
誰からも声がかからず
それをただ眺めている踊り子さん。

なんだか光と影を見た気がし、
その姿が自分に重なる・・・

21
22

思わず私は駆け出したわ!

23

ショーで唯一の汚れ役(お笑い?)に
徹していたあの子の元へ!

170630_0340s

といいながら・・・
やっぱりごめん。

きれいどころの方たちともう1枚。

170630_0347s

私の右の困ったちゃん顔に
80年代アイドルが重なる。

楽しかったプーケット1日観光。
疲れた体で小型ボートに乗り込めば
目の前には煌々と輝く豪華客船。

IMG_9862s

夜はまだまだこれからだよ
と言わんばかりに
私たちの帰りを待っていたのだった。

豪華客船の夜は長い・・・。


私たちが体験したツアー。
似たものがこちら。参照にしてね





友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
寄港地も2カ国巡り、いよいよ船旅もクライマックス。終日クルーズを1日残すのみとなってしまった。ついにラストは、あのレオ様に会えるのだろうか?←そこも大事!