夏休みになって、帰省や旅行、
子連れで飛行機に
乗る機会が増えるこの時期。 

1
 
正直、現役時代の私は
大の子供嫌いで(過去記事
この時期のフライトはうんざりだった。

2

でも、そんな子供嫌いの私も
飛行機が目的地に近づき、
着陸体制に入り、
高度が下がり始めると・・・

3

お子ちゃまのことが
気になってたまらなくなったものだ。

4

子供たちが一斉に泣き出すこの時。

離陸後、飛行機がの高度を上げる時と
着陸前の高度を下げる時
大人でも耳がキーンとするもの。

5

特に着陸前の高度が下がる時の
耳への負担って相当なもの。

こんな時は

6

こんなことをして
耳の痛みを緩和する。

それでも、何度やっても
耳が抜けないときもある。

7

こんな時には、『バルサルバ』

8

ただし思い切りやると
鼓膜を傷めるから少しずつね。

さて、大人ならこれができるから
いいのだけど・・・

子供の場合は、
なかなか難しかったりする。

それに子供の耳は、
大人の耳に比べ耳管が短いから
その痛みは、大人が想像するより
ずっと大変だと言われてるのだ。

では、子供が耳が痛くならないように
どうしたらいいのか?

9

子供用のこんな耳栓もあるわ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メール便無料 イヤープレーン 耳栓 子供用 耳栓 飛行機
価格:780円(税込、送料無料) (2017/8/3時点)


でも、それもできない
赤ちゃんはどうしたらいいの?

その場合は、
飲み物を哺乳瓶で飲ませたり、
もし抵抗がなかったら
授乳ケープなどで授乳させるという手もあるわ。

とにかくお子ちゃまは
大人の我々よりずっと耳が痛い
そのことをわかってあげて〜。
泣いたって許してあげて〜。

でも、痛みが緩和できるように
参考にしてみて。

親子とも快適なフライトに
なりますよう!願っているわ〜


友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
みんなすでに知ってることかなと思ったのだけど、この間、たまたまお子さんが小さい人に聞かれたので、書いてみました。あと、現役時代、着陸前の高度が下がって行ってる時に、思い切り鼻をかむと鼓膜が痛むから、絶対にしない方がいいと教えられたことがあって・・・。以来、(フライト中は鼻を擤むけど)着陸体制に入ったら、飛行機がドンと滑走路に着陸するまで、ひたすら鼻をすすっている。