長女がファミレスでバイトを始めて
2ヶ月が経った。
過去記事「ついに長女がバイトを始めた」

1

しかし、まだ見習いの身。
席への案内、水出し、レジ担当のみで
オーダーを取ったり、料理を運ぶことは
許されてない。

それでも、少しずつ
仕事を覚えてきたよーだ。

2

バイトを始めた当初は
そんな常連さんがわからずに

3

とても戸惑ったという。

そんな長女が

4

休日となれば、
家族で様子を見に行くことも
可能じゃない?

5

そこで長女に聞いてみた。

6

母ならわかる。
これは来てもいいよのサインだ。

7

15分しか
お邪魔してはいけないわけね?
まぁ、それでもいいわ。

ということで、
長女の初バイト姿を見に行った。

でも、ファミレスの前、
いざ入るとなると
家族も
緊張するものね。

8

誰が先に入るかダチョウ倶楽部よ。

結局、私が上島竜兵役かい!

ドキドキしながら、
ファミレスのドアを開けると

9

家では決して見せることのない
天使のような笑みを浮かべた長女が出迎えてくれた。

つづいて席に案内された。
10

我々が家族だとバレたくないのか
超他人行儀。

11

小声でドリンクバー推し。

12

まぁ、時間もないし、
ドリンクバーだけでは心苦しいが
とりあえず言われるまま

ドリンクバーを3つ注文した。

それにしても、
ドリングを飲みながらも

長女が気になって仕方がない。

店内を動き回る長女の姿を
見つからないようにそっと目で追う。


14

でも、15分はあまりにも短すぎたわ。

15

ほんと、15分なんてあっという間よ。

しばらくすると、
バイトを終えた長女が出てきた。

16

と、席を立とうと思ったら

13

えっ、
なぜ席についてメニューを広げてる?


17

すると長女は言った。

18

ここで一緒に食べて行くのか?
だから、15分前に来て
ドリンクバーだけにしろというわけだったのか?


美味しそうに料理を頬張る長女に
聞いてみたわ。

19

でも、その後、囁くように言った。

20

確かに・・・
家にいる時とはまったく違う
長女のしおらしい一面を見た母であった。



友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
長女の不思議なところ。私なら、親とバイト先で一緒に食事なんて恥ずかしくて無理だわ!長女はなぜかこういうところ、平気なようなのだ。それにしても、本当に笑顔でテキパキと動く長女を見ていたら、家でも少しは手伝ってくれよ!と思ったりもしたけど、無理ね。やっぱりお金の力には敵わないわ!