あれは、忘れもしない
入社5年目のことだった。

私はもらったばかりの
翌日のスケジュールをチェックしていた。

img187

誰と飛ぶかはとっても大事!
先輩と同期とじゃ、
ステイ先での楽しみ方が違うもの!

img188

ところが、私はそこに、
今まで見たことがない文字が
書いてあるのに気づいたの。

img189

すぐに同期Yちゃんと
スケジューラーに聞きに行ったわ。

img190

どういうことだ?

img191

そんなフライトがあるなんて!
なんてラッキーな私たち!

img192

湾岸戦争の時、
310人乗るジャンボ機に
お客さん6人という経験はあったけど
お客さんゼロというケースは初めてのこと!
その時の記事はこれ

神様に感謝だわよ!
いや、スケジューラーに感謝だわ!

いよいよ、
ホノルルに向かうフライトの日を迎えた。

ブリーフィングでは、みんな上機嫌。

img197

フライト中もみんな笑顔、笑顔!

img198

ホノルル滞在中だって、
ウキウキは止まらない。
気分は、ツーリストだもの。

美味しいものを食べ、
ショッピングに明け暮れ・・・

img199

そして、待ちに待った
フェリーフライトの日を迎えた。

img200

乗ったらすぐに
エマージェンシーチェック。
(非常時に備えての点検)

ここまではいつもと同じ。

でも、ここからは違う。
いつもはお客様を迎える準備で大忙しだけど
今回はその必要はない。

みんな、すぐに
トイレに駆け込んだわ。

img202

トイレの中で、
部屋着にソッコー着替え・・・

img204

でもね・・・ふっと見ると
お客さんは乗せないと聞いていたのに

img203

そして、見知らぬおばさんも

img205

そこで、ようやく気づいたわよ!

このおじさんとおばさんって

img210

パーサーとアシスタントパーサーじゃない?

もう!
化粧落したらわからないわよ!
眉毛くらい残しておいてちょうだいよ!

やがて、私たちを乗せた飛行機は
軽々と空高く飛びたった。

img201

しばらくすると、
機長のアナウンスが流れたわ。

img211

可哀想な機長・・・

でも、ここは気にせず、
寛がせてもらうわ!
だって、こんなチャンス滅多にないもの!

食べたい時に、
ギャレーから自分の食事を出して食べ、
飲みたい時に、飲み物を飲む。
(一応、アルコールは禁止)

時折、誰かがふざけて

img212

なんて聞いて回ると

img214

そんなスチュワーデスごっこも
あぁ、楽しい!!

そして、爆睡。

眠りから覚めたのは、
機長のアナウンス。
恨めしそうなその声で。

img213

「私は皆さんが寝てる間
頑張って働いてましたよ〜
残念ですが、起きる時間です。
この飛行機は30分後に到着ですよ」

そのアナウンスで、
みんなぞろぞろトイレに向かい、
魔法が解けるように
みんなまたいつもの姿へ。

img215

夢のようなフェイーフライトは
終わりを告げた。

私が乗務した7年の間、
フェリーフライトは、
後にも先にもこの時だけ!
本当に貴重な経験として
今でも思い出に残ってる。



友だち追加数


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
昔、エッセイに書いた文章を漫画にみました。そうだ! Switchですが、なんとか手に入りました! いろいろ情報をくださり、ありがとうございました。クリスマス前、肩の荷がおりました。