先週の木曜日のこと。

その日は、実家に往診の先生が来る日で
姉が立ち会っていたのだが、
そんな姉からLINEがきた。
 
BlogPaint
私はすぐに実家に向かった。

1
 
実家に着くと、母はまだ吐いていた。

2

とても辛そうだった。

そして、そんな状態が続いたあと・・・

3
 
洗面器に赤黒い吐瀉物が!
まさか吐血か!!
 
すぐに主治医の先生に電話をかけ、
事情を説明すると、
大きな病院のERに行くように手配してくれた。

ぐったりする母を連れ、ERへ向かったわ。

4
 
念のために、母が吐いたものを見せると

5
 
姉とふたり、病院の廊下で
今後のことを考えていた。

6
 
でも、もし入院が長期になったらどうする?
どうしたらいいだろう?
こういう時に備えて
そろそろ真剣に考えないといけないよね

そんなことを話していたら
ストレッチャーに乗せられた母が
目の前を通り過ぎて行った。
7

なんだか母が一瞬にして、
すごいおばあさんになったように見えて
なんとも切ない気持ちになる。

ようやく検査から戻ってきた母は
私たちを見ると、
ガタガタ震えながらこう言った。

9

私たちは言われた通り、
母を肩から足の先までタオルケットで
すっぽり包んだ。

包んだんだけど・・・

10

そう思っていたところに
まるで私たちの心を読んだかのような
ドンピシャなこのセリフ。

11
 
血液検査、CT、レントゲンを撮ったのだが
特に悪いところが見当たらず。

何度も嘔吐したことにより、
中が切れて出血したのではないか、
その日は、一旦帰り、
翌日、朝イチで胃カメラをすることになった。

病院を出る頃には、
深夜3時を回っていた。

15

そして、母を実家に送っていくと・・・
深夜の静けさの中、
どこからか変な音が聞こえてくるのだ。

12

二階の父の部屋のあたりから?

何ごとかと、急いで父の部屋に行ってみると

13

それは父の泣き声だった。

14

尋常じゃない泣きっぷり。

普段、母に皮肉ばかり言われ、
喧嘩なんてしょっちゅうなのに
夫婦って、ほんと不思議だ。

そして、自分のことを心配して
子供のように泣いている父に向かい
母が放ったひと言も!

8

夫婦って・・・面白い、
そして、夫婦には
ふたりにしかわからない世界がある。

16

姉とほっとして実家を後にしたのだった。

追記:

結局、胃カメラの結果も異常なし!
そして、今日も母は元気だ!
父に毒舌を撒き散らしている。



人気ブログランキング


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
翌朝、母を迎えに実家に行くと、いつもより元気な母が出迎えた。父曰く「今朝はいつにも増してママは元気だ!声でわかる!」と。おそらく点滴をしてもらったのがよかったのだろう。姉とふたり「私らも点滴打ってもらいたよね」と目の下クマだらけになって話していた。何事もなくてよかったけど! ブログリニューアルしました。読みにきてくださった方に良い気を放つようにと思い、おめでたいアイテム、散りばめてみました。