劇団☆新感線×宮藤官九郎
メタルマクベスを観に行った。

劇団☆新感線もクドカンも
マクベスがメタルなのも興味あり!

そして、もうひとつの気になったのは
会場である『IHIステージアラウンド東京』。

こちらのステージ

1

回転スピード秒速1.39m
全員乗ったら 重さ80t
多いときは44回も回転しちゃうって!

真っ先に、思いましたよ!

2

おそらく、あのタッタッタッタッタカタッ
という曲は存在しなかったんじゃないかって!

この曲ですよ。



いや〜この曲を聴いただけで、
セットチェンジしているスタッフの姿が
脳裏に浮かぶ昭和の女よ。

3

そう、あの頃、
このステージがあったら・・・

4

聖歌隊の格好をした
キャンディーズやジュリー、
秀樹やルミ子がさっと現れたはずよ!

その回転ステージが
まだどんなものかわからない私は
ワクワクドキドキしながら
劇場に向かったわ。

ゆりかもめで市場前駅で降りる。

この駅、その名の通り、
築地市場の移転先と言われる豊洲市場のための駅?

5

駅前には、ただガランとした
豊洲市場建物があるだけで閑散としてる。

その中で、今唯一活気がある場所が
IHIステージアラウンド東京だ。

S__4980741

周りに何もないので、
建物内のカフェで軽食を取る。

27DADC8C-D2E5-482E-8971-E53C504EADBC

近くに何もないから、どこかで食事をしていくか
こちらのカフェ(立食スタイル)を利用するのがオススメよ。

会場に入ると、
目の前には大きなスクリーン!

6

それはもう、圧巻だった!

さてさて、ストーリーのベースは
もちろん、シェークスピアのマクベス。

ご存知かと思うのだけど、
超簡単にマクベスの説明をすると

魔女からの「いずれ王になる」」という予言を信じたマクベスとマクベス夫人。
野心むき出しで、特に夫人が夫・マクベスを叱咤し、ついに王を殺めて、その王の座に登りつける。

しかし、それに反発する者が現れ、自分がいつ狙われるかという猜疑心やら、罪悪感やらなどに襲われ、ついには気が触れ、失脚する物語。

その話が今回はメタルなわけで・・・

7

そして、舞台も2218年。
魔女の予言が1980年代に流行った
ヘビメタバンド「メタルマクベス」のCDという設定で
物語は始まるのだけど・・・

しょっぱなからクドカンの言葉遊びに
場内笑が絶えず

8

そう思いきや、すごいメタル音!
暑くないのに、音で毛穴全開!

9

そして、目まぐるしく変わるステージ。
回転し、隙を与えず、場面も変わり
過去と未来を行ったり来たり・・・

要するに、息つく暇がない!
これでもか!の動きと迫力に
いい意味で、ストーリーから抜け出せない。

気がつけば・・・
すっかりメタルマクベスの世界の住人!



幕が下りたら、
座って観ていただけなのに、
一緒に演じたんじゃ?というくらい
気持ちいい疲労感に包まれた
見応えのある舞台でしたよ。

バイクがステージの周りブルンブルンも
ほんとすごかったけど、
残念、わたしゃ絵に描けない・・・

だから、この動画見て!
回る客席、音楽の凄さが伝わってくるから!



今はdisc1、12月31日のdisc3まで
まだまだ続くよ〜!
メタルマクベス←興味のある方は是非!





□■□■□■□■□□■□■□■□■□
約4時間の芝居。観客は座ってるけど、役者さんは、走り回り、そして歌う! そして、この日は1時間半休憩後、夕方の舞台もあったんですよ! どれだけ体力あるんですか! でも、演じている役者さん方が楽しそうだった。それが伝わり、私もノリノリになって観ていたわ。