チョコの最期の話です。
もし辛いのが苦手な方は読み飛ばしてください

七夕の日は土曜日で、
私たちはあかるを空に送り出した。

そして、迎えた月曜日、
私と長女はチョコを連れて大学病院に向かったのだ。

少し前から、チョコは便秘気味だった。

1

そして、チョコは、
チワワにしたら5キロもあって
よく散歩中、チワワを連れた人にさえ

2

そんなことを聞かれるくらい
大きかった。

だけど、ある日、長女が言ったのだ。

3

抱いてみると、
確かに少し軽くなったような気がする。

すぐに体重を計ると

4

その頃、毎日点滴のため、
あかるを
病院に連れて行っていたので
チョコも一緒に連れて行くことにした。

5

大学病院は、いつもは混んでいるので、
予約は2週間先になると言われていたが、
翌週には予約が取れて、私は喜んでいたのだ。

6

私たちは、その時、
とても楽観的に考えていた。

7

大学病院の待合室には
朝からワンコやニャンコがたくさんいた。

みんなおとなしく
どこか元気がなさそうな中、
(躾けられているのかもしれないが)
チョコだけは、誰かが動くたび、
大きな声で吠えまくっていた。

8

チョコは、大学病院に来るには
元気すぎるんだ、
私はそんな風に思ってた。
 
チョコの名前が呼ばれた。
診察室に入り、先生に病状を話す。

9

待合室で待ちながら、
今にして思えば、
私たちはなんて能天気だったんだろう。

10

そして、1時間後、
私たちは、診察室に呼ばれた。

11

そして、先生が静かに言った。

12

とても信じられなかった。

15

先生は続けた。

14

嘘!!! うそだ!

泣きわめいている私たちに
先生がこんな提案をしてくれたのだ。

16

私は咄嗟に叫んでいた。

17

先生がすぐに静岡の病院に連絡をしてくれ、
明日の朝10時に予約が取れた。

お腹に尿カテーテルを入れ、
見た目は、ちょっと病人(犬)に見えるけど
いつもと変わらない愛くるしいチョコ。

S__5169162

でも、チョコの体の中には
癌の大きな腫瘍があって・・・
チョコの命を脅かしていた。

とにかく、
今は静岡の病院に連れて行くことだけを考えよう!

帰りの車の中、

18

長女と何度も何度も繰り返した。
絶対に、チョコは助かる!
明日、静岡に行ったら、
状況は好転するんだ!絶対に!

(2)につづく


 

□■□■□■□■□□■□■□■□■□
チョコが亡くなって、1ヶ月が過ぎた。もうそんなに経ってしまったのかという気持ちと、まだそれしか経っていないのかという思いが交差してる。チョコの最期の時のことは、辛いから、なるべく思い出さないようにしていたのだが、忘れてはいけないという気持ちもあった。これから、しばらくチョコの記事が続く予定です。もし読むのが辛かったら、チョコの記事が終わったら、また読みに来てください。そして、すみませんが、コメント欄はしばらく閉じます。