どうしても捨てられないもの(3)のつづきです

★ムー特派員記者会員証(アマレットさん)
スクリーンショット 2018-09-03 9.51.35

【エピソード】
小学校高学年から 中学二年生位まで 毎月欠かさず購入していたミステリーマガジン『月刊 ムー』憧れの「ムー特派記者」になれ、会員証が送られて来たときはひっそり喜びを噛み締めました。大切に マジックテープ式のお財布にしまい、いつでも提示出来るよう持ち歩いていましたが その日は来ず(笑) おしゃべり広場でお披露目出来たら ミステリー(笑)

【私からのコメント】
ムー、大好きだった。私の周りにも『ムー民』たくさんいますよ。UFO、宇宙人、超次元、心霊、超常現象etc、ドキドキして読んだものです。ムー特派記者の会員証の「〜しなければならない」口調が、秘密結社的で子供心、くすぐられる。

★ハンカチと英語の辞書(ならてらちゃん)
スクリーンショット 2018-09-03 9.59.13

【エピソード】
父から小学生高学年で初めてもらった大人の女性用ハンカチです。それまでの子供用ハンカチとは違うきれいな森英恵のデザインで、父の東京出張土産でした。大人になっても使って、擦りきれましたが、これだけは捨てられず、大切にしまっています。もうひとつは、初めての英語の辞書です。中学校入学と同時に入ったスパルタ式英語塾で買わされたもので、子供には合わないコンサイスでしたが、結局短大の英文科でも大人になってからもこれ一冊を使いました。その頃の自分のひたむきな気持ちを思い出す大切なものです。
 
【私からのコメント】
イラストの描かれた子供用のハンカチと違い、まさに大人の柄。大人になった気分で、おしゃまな顔してに使ってた小学生の姿が浮かんで微笑ましい。(え!それは私か?)使い込んだコンサイス、ボロボロは努力の証、捨てられませんね。

★ヤングソング(かいこさん)
スクリーンショット 2018-09-03 10.31.42

【エピソード】
(゚∀゚*)キタ~!捨てられないものだらけの私の為のテーマ。紙袋、お菓子の箱、等々挙げたらきりがないのですが、ヨッちゃんのフレグランスと藤谷美和子のカードつながりで、私は明星の付録の「歌本」をご紹介します。毎月買ってた明星なのに歌本はこれしか残してなくて。1985年5月号で私は高校一年生。今は、たまに眺めてはうっとりしています。もうここまで来たら、ずっと添い遂げます(^-^)v

【私からのコメント】
ヤンソン、懐かしい。毎月、アイドルの新曲を、ヤンソン片手に覚えてたわ。
翌週のベストテンの時までには、新曲ばっちり歌えるように。中には楽譜がついてる曲もあって、「次の新曲だ」とマネージャーから渡されたアイドル気分になって、歌ってたわ。←無駄な妄想

★(ろみこさん)
IMG_7246

【エピソード】
当時、まだ友人だった彼氏が、日本語の授業で折り紙を習ったと写真を送ってきました。それが猫だか犬だかよくわからなかったので、適当に「猫?」と聞いたところ「たぬきだ!」と返してきました。折り紙でたぬきなんて折れるのか!?と思いつつも、彼はアメリカ人で、日本語の授業はとても年配の先生が担当されているようだったので深くは聞きませんでした。私は何が好きかと聞かれ、どうせ折るなら「花がいい!」と言いました。丁度その時に、祖母が入院したこともあり、心配してくれていました。何日かすると、サランラップの大きい段ボールバージョンがいきなり送られてきました。何の予告もなく、いきなりだったので、私は自分が何かポスターなどを買ったのか?と混乱しながらサランラップを開けると、このユリの花の折り紙が入っていました。手紙も何もなく、ただ折られた折り紙の花が。私は30歳にもなる大人がただ折り紙を送ってきた事に驚きと呆れを覚えました。せめてお菓子とか手紙とかも付けてよ!アメリカからの郵送費勿体ない!と思いつつ、どうしていいかわかりませんでした。しかし、私と祖母への花の見舞いと言われ、今となれば、彼の純粋な気持ちを感じるので、捨てるに捨てられません。私は花より団子派です。

【私からのコメント】
アメリカから、このユリの花だけを送ってくれw お菓子とか一緒に入れたら、ユリが霞んでしまうから? あくまで主役はユリの花だったのですね。もしあの時、お菓子が一緒に入ってたら、きっと今日まで捨てずにとっておいてなかったかもですよね?

★くまのぬいぐるみ(usapepeさん)
スクリーンショット 2018-09-03 10.23.36

【エピソード】
私には8歳離れた兄がいるのですが、年が離れているということで小さい頃は兄におちょくられていました。一番恐怖だったのは、リカちゃん人形の首だけを持って追いかけられたこと。そんなこともあって、人形やぬいぐるみなどは苦手でした。小学校低学年の時に母が誕生日に何か買ってあげるということで近所のファンシーショップ(サンリオショップ)に行ったところ、なぜか上の方から視線を感じ顔をあげてみると、つぶらな瞳をしたくまのぬいぐるみと目が合い、思わず「これがいい」と言ってました。母も「え!?これぬいぐるみよ?本当にいいの?」とびっくりしていました。それから40年経ちましたが、いまだにこの、つぶらな瞳のくまのぬいぐるみだけは捨てられません。ぬいぐるみのタグに「1976 SANRIO」と書いてあり、サンリオのキャラクターかとネットで調べたのですが、よくわからず。ただ、いまだに、疲れた時などはこのつぶらな瞳にいつも癒されています

【私からのコメント】
くまちゃん、いろいろ検索してみたけど、やっぱり何のキャラクターなのかわからなかった。でも、長年一緒にいる子は、毛が良い感じにつぶれて、玉になってて、すごく良い感じ。よく小さい子が、片時も離さずぬいぐるみを抱えてるのを見ると、『どうかいつまでも大切にしてあげてね』と心の中でつぶやいてしまう。うちの長女にも、ゆうくんっていう子供の頃から大事にしてるクマのぬいぐるみがベッドにいる。(20歳だけどいまだに一緒)

★ティッシュケース(ゆうさん)
1

【エピソード】
母お手製のティッシュケースです。糸もほつれてたりしてるのになんだか使いやすくて未だに愛用中(^^)鼻炎な私はいつのシーズンでもティッシュをたくさん持って出かけるのですが、このティッシュケースは6パックくらい入れて持ち歩ける!♡市販のケースではなかなかない収納力です😂

【私からのコメント】
市販のティシュケースで6つもティッシュ入るのは、さすがにないですもんね。お母様の愛を感じます。糸のほつれ具合も良い感じ!

★旦那(まま家総本家さん)
FullSizeRender

【エピソード】
捨てられない物、それは旦那です。結婚して32年何回別れようと思ったか。友達には小説3本書けると言われました笑。でも何とかここまで来た

【私からのコメント】
これ、載せちゃってもいいんですかww でも、文章から伝わる愛に、思わず載せちゃいました。ぜひ小説(上)(中)(下)、出してください。そして、映画化。待ってます!



人気ブログランキング


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
どうしても捨てられないもの、たくさんの応募ありがとうございました。どれもこれも、素敵なエピソードが詰まった特別なもの、読んでいて心が温まりました。本当にどうもありがとうございました。