機内で『Love Simon』という映画を観た。

主人公は、サイモン。
ジェラシックワールドのお兄ちゃん
甘いマスクのニック・ロビンソンが演じている。

1

なんとなく懐かしのドラマ
『ビバリーヒルズ高校生白書90210』を
思い出させるような
まさに鉄板アメリカハイスクール青春映画?

でも、彼には大きな秘密があった。
それは・・・彼はゲイということ。

彼はそれを隠して生きてた。

ところが、ある日、
学校の生徒が利用するサイトで
ブルーという学生が
自分が同性愛者であること
誰にも言えないでいるとを
書き込んだ。

生徒はブルーが誰か大騒ぎになる。

そんな中・・・

3

悩みを語り合ううち、
すっかり意気投合するふたり。

4

しかし、そんなある日のこと。
学校で、ログアウトし忘れたサイモン。

ブルーとのメールのやりとりを
マーティンに見つかってしまう。

性格の悪いマーティンは
それをネタにサイモンを利用してくる・・・

ゲイとバラされることへの恐怖、
エスカレートするマーティンの要求
サイモンの葛藤・・・
これ以上書いたら、ネタバレになるからやめておくが、

観ながら、ずっと頭に浮かんだのは

2

マリリンには、思春期の苦しかった
胸のうちを聞いている。

今はメディアにゲイと公言したり、女装する人たちもたくさん出てきているけど、僕が思春期の頃は、美輪さんやおすぎとピーコも、テレビにはあまり出られない時代だったもん。

5

前に話題になった、とんねるずの保毛尾田保毛男でみんなが笑っていたりして、

6

ゲイであることを必死に隠していた。
この先、どうしよう、って未来に絶望して、死にたい!なんて思ったこともあったよ。


女の人を好きになろうと努力したこともあるよ。

ホットドッグプレスの彼女のつくり方や
HOW TO SEX特集読んで研究したり。


7

でも、やっぱり・・・
それは頭で考えたことであって。
心が動かないし、体も反応しない

そりゃそうだよ!
私に置き換えればわかるもの!

私の恋愛対象は男性。
物心ついた時からそうだった。

8

でも、それを誰かに
間違ってると言われたら?

9

そう言われたって、
はいわかりました!
じゃ、女性を恋愛対象にします!
そんなことは無理だ。

私が男性を好きになるように
マリリンも男性が好き
それはどう努力したって変えられないわ。

思春期のマリリンが、
どんな気持ちで過ごしていたか
そう思うと、いつも胸が痛む。
映画の中のサイモンにマリリンが重なり
(性格も顔は全然違うけけどw)
大号泣でしたよ!

思春期の悩み、家族愛、友情、恋愛、
コメディあり、ラブストーリーあり、
とにかくこの映画を最後まで観たら
いい映画!という感想以外に
いろいろ考えさせられる映画だった。

10

そして、ソッコー調べたら!
なんてことよ!

11

全米No.1映画批評サイトで満足度92%、
公開初週末に1175万ドルを稼ぎ出した
人気の映画なのに!

12

デジタルロードショーで公開される?
なんじゃそりゃ?と調べたら

デジタルロードショーとは
日本の映画館で上映されない作品を
映画好きにいち早く届けたいというサービスらしい。

その第一弾に『Love Simon 』が選ばれ
今日から配信よ!音楽もいいのよ!


 
時間があったら、ぜひ観て!
できたら、思春期のお子さんもご一緒に!
(別々でもいいから見て欲しい)

 デジタルロードショー公式サイト



人気ブログランキング


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
思春期に必死でゲイであること隠していたマリリン、だけど、この間、中学時代の仲間と会ったら「お前は、昔からお前のまんま隠さずに生きてて偉かったなぁ。やっぱり強かったなぁ」と言われたそうで・・・「いや、必死に隠してたわいっ!苦しかったわいっ!でも・・・僕以外みんながそう言うから、実はバレバレだったんだのかなぁ」って。