友人のマリリン
普段から方々にアンテナを
張り巡らせている。

得意は整形とイケメンなのだが

BlogPaint

HERSといえば、
光文社が出している50代の女性を
ターゲットにした雑誌だ。

img20190207_20505767

感心しながらも、
マリリンのオススメなら間違いない
そう思い、手にしたHERS。

いや、さすがマリリン
この1冊は心に刺さりまくった。

スクリーンショット 2019-02-06 11.10.34

素敵に年を重ねた
そうそうたるお姉さま方。

どのお姉さまの言葉も
本当に胸に突き刺さる。
すべての言葉を紹介したいくらい。

でも、長くなりそうなので
抜粋して書くと・・・

img20190207_20511842

そうです、おねえさま!
その言葉の通りです。

私が最近、すごく思うのは

BlogPaint

昔の親でなくなってしまった親をみながら、
こんなこと思ってしまう。

BlogPaint

親の介護と更年期、
私の場合はそれに加え、
下の子は30代ギリギリで産んだから、
だいぶ楽になったとはいえ、
まだ子育ても終わってないわけで・・・

本当に、50代って、
体の変化と親の介護が同時に来るんだよな。

女優の岸惠子さん(86)の言葉は
とても励まされた。

img20190207_20502914

私は50代の時に一番いい仕事をしたのではないでしょうか。若い時のような危うさがなく、自分にしっかりと自信のある50代は、これまでの蓄積から自分の歴史を開いていく、そんな潮が満ちてくる年代なのです

五十代は人として女としても終わりじゃない、始まり。だから。『五十代になっちゃった』と聞くと、何言ってるの!という感じ。ほら、バーナード・ショーも言ってるでしょ。『青春? 若い奴らにはもったいないね』と。自分探しなんて、30年早いわね


BlogPaint

ユーミンと林真理子さんの対談で
ユーミンが言ってたこと。

50代は、やるかやらないで、その差がつく年齢だよね。40代よりずっと。仕事だけじゃなく、美容や体についても、やっている人とやっていない人では、雲泥の差がつく。

img20190207_21210056

別の言い方をすれば、
あきらめた人とあきらめてない人の差。

そして、清水ミチコさんは

女性って年をとればとるほどメンタル的にも図々しくなれる生き物なのだから、おばちゃん化ってむしろ楽しんじゃえばいいと思いますよ。機嫌がいい女はいるだけで周囲は和むし、場が明るくなるでしょ。クヨクヨしてるおばちゃんなんて始末に困るだけですから(笑)

img20190207_21210963

どのお姉さまも
前向きに人生を楽しみ、
体(健康)を気遣い、
まだまだ自分の可能性を信じ
あきらめない魅力的な方達ばかりだった。

いやーー
これからの50代が楽しみになる
元気と勇気をいただける内容でしたよ。


HERS、来週、3月号が出る前に

HERS(ハーズ) 2019年 2月号
HERS編集部
光文社
2019-01-12


ここから試し読みできるよ




□■□■□■□■□□■□■□■□■□
もっともっとたくさんの姉たちの言葉が聞きたいわ!1冊の本にして欲しいくらい。共感できるし、年を重ねることが楽しみになった。いつもマリリンには「(ネット)パトロールはいい加減にして、早く寝なよ!本当に健康に悪いよ!」そう言っているけど、教えてくれてありがとう!