台湾開運ツアー⑥からのつづき

いよいよ最終日となってしまった。

本当は、トークショーが終わった後、

img20190410_10455001

そう言いたかったけど・・・
でも、強制に聞こえてもと
躊躇ってしまった。

朝、私はひとりで雙連朝市へ出かけた。
国賓大飯店からは歩いて
10分もかからない。

市場まで向かう時のBGMは
もちろん、ユーミンのスラバヤ通りの妹へだ。

img20190410_10340062

私は、朝から活気ある市場を見ると
「台湾に来た!!」という気分になる。

IMG_3853

やっぱりみんなを誘えばよかった・・・。

IMG_3850

食べ物屋の横で下着を売ってる、
こんなごちゃ混ぜ感も台湾らしくて好き。

FullSizeRender

山盛りのニンニクも、
見てるだけで元気になる。

FullSizeRender

住んでいたら絶対に買ってる!

私は、こちらのクリスプを。
その場で、せっせと刻んでいた李さんから

IMG_3854

エシャロットとニンニクのクリスプを
買ってきた!

IMG_3876

ラーメン、チャーハン、
何に入れてもパンチ倍増!
冷蔵庫で保存すれば、1年持つって。
もっと買ってくればよかったわ!


img20190410_10340650

途中、お客さんとも会い、
一緒に回った。

そして、
ホテルをチェックアウトし、
バスに乗り込み、
目指すは101の鼎泰豐。

ウーさんがしきりに心配しいたこと。

img20190410_10341387

予約してるんだから心配ない!
そう思ってたけど、
行ってみてわかったわ!

すごい人よ!!!

FullSizeRender

101の鼎泰豐に来たのは、
5年ぶりだけど、
いつからこんなことに?

img20190410_10342296

予約してても、そうなのね。

そんな時は、
外でみんなで記念写真よ。

FullSizeRender

この旅ですっかり
集合写真にハマった私。
3日間一緒にいた仲間、
帰国して、眺めていても楽しい!

写真を撮り終えて戻ったら
ちょうど案内の時間。

img20190410_10343036

食べる!

IMG_3877

そういえば・・・
ウーさんが、台湾の小籠包は、
どこで食べても美味しいけど、

img20190410_12000303

食事が終わったら、
いよいよみささんともお別れよ。

101から空港までは、
そんなに時間はかからない。

皆さんにお別れの言葉。

img20190410_10343621

マイクを持ち

1a

どっと笑いが起こって、
私は満足したんだけど、
その後、すぐに後悔した。

img20190410_10355850

でも、この後、ウーさんが
私が言いたかったことを
全部、代弁してくれた。

2a


img20190410_10360588

マンゴー?
なんて一瞬でも思った自分が恥ずかしい。

img20190410_10361173

私たちは、日本統治時代、
日本が台湾にしてくれたことを
親から子供、おじいさんから孫へ
語り継いできました。

だから、台湾人は、
日本が大好きなんですよ。

BlogPaint

ウーさん!!!!

img20190410_10381128

ウーさんはツアー中も
みんなの人気者だったけど、
最後のこのスピーチで

img20190410_10375947

でも、ほんと、
ウーさんの言う通りだ。

私は台湾人ではないけど
思春期を過ごした台湾には
ただならぬ思い入れがある。

だから、台湾に行った人が
「台湾よかった、また行きたい」
そんな言葉を聞くたびに

自分の故郷を褒められたような
気持ちになり、嬉しくなる。

日本から気軽に行かれ、
食べ物も美味しいと人気の台湾。

だけど、私が
台湾旅行を勧める一番の理由は、ウーさんをはじめ台湾の人の
心の優しさ、そして、温かさだ。

やがて、みなさんと空港でお別れの時。

IMG_3869

短い間だったけど、やっぱり寂しい。

IMG_3868

今回の開運ツアー、
いろんなパワースポットを訪ね、
神様からたくさんの福をいただいた。

でも、私が今回のツアーで
一番パワーをいただいたのは、
ツアーのお客さんの笑顔だった。

明るく、笑い声が絶えない
そんな方たちと過ごした3日間は、
どんな神様よりも私にパワーをくれた。

参加してくださったみなさん、
ありがとうございました。

そして、もし台湾が気に入ったら、
ぜひまた台湾を訪ねてください。








□■□■□■□■□□■□■□■□■□
どうなることかと心配だった初の海外ツアーでしたが、龍羽先生の現地でのサポート&ガイド、ウーさんのガイドと光るキャラ、うたちゃんやマリリンに支えられ、無事に終えることができました。そして、何よりお客さんに恵まれました。ウーさんが「こんな優しいお客さんは滅多にいませんよ」と最後に言ってた。あぁ、ありがとう。
すぐには無理だけど、またいつかできたらいいなぁ。