昨日の記事からのつづき



早朝、羽田から
チャイナエアラインの
台北松山空港行きの便に乗る。
私はかなりの興奮状態だった。

BlogPaint

自慢したくてウズウズする。

私の席の隣には
台湾の新聞を読んでいる男性が。
またまた言いたくてウズウズする。

img20190928_15071478

それは、台北の空港に着いても
タクシーでホテルに向かう間も止まらない。

BlogPaint

誰かにこの胸の高鳴りを
聞いてもらいたかったのよ。
(迷惑だって?)

そして、心の中で
叫ばずにはいられなかった。

img20190928_15072804

というのは、行く前に
龍羽さんから何度か言われていたからだ。

img20190928_15073543

大丈夫、覚悟はできてる!
台湾に来ないことには
そのチャンスだって掴めない訳で・・・

でも、来たら来たで
今度は会いたい気持ちが膨れ上がる。

ホテルで龍羽先生と会う。

BlogPaint

失礼がないように
ワンピースにすぐに着替えた。

近くのカフェに行くと、
龍羽先生が電話をかける。

img20190928_15075185

しばらくすると、
日本人の男性3人がやってきた。

img20190928_15075765
今回私がこのような機会を
なぜ与えていただいたかというと
このおじさま方に
便乗させていただいたのだ。

みなさん台湾に50年近く通い、
日本と台湾の架け橋になる
ボランティア活動や
多額の寄付をしてきた方たちだ。

そのみなさんの願いは
李登輝さんにお会いすること。
その願いを叶えるべく、
セッテイングされた機会だった。

その場になぜ私なんかが
入り込めたのかというと
龍羽先生と李登輝さんの秘書
日本人の早川さんが会った時に

BlogPaint

そのような流れから
『李登輝さんに会いたい会』の
メンバーに私も加えていただけることになった。

カフェでみなさんと
連絡を待ちながらおしゃべりする。

BlogPaint

年齢も性別も違う初対面のメンバー、
だけど、台湾という共通の話題で
会話は大いに盛り上がった。

だけど、話ながらも
常に電話を意識してる我々。

BlogPaint

昼が過ぎ・・・
みんなお腹が空き始めた。

img20190928_15110549

待つこと2時間近く

img20190928_15111290

ついに龍羽先生の電話が鳴った。

img20190928_15112202

そして、電話を切ったあと・・・

img20190928_15112943

覚悟していたこととはいえ、
一瞬、みんなしんみりしてしまった。

それにまだ
チャンスは明日もあるではないか!

カフェを出て、
みんなで小籠包を食べに行った。

つづく


人気ブログランキング



□■□■□■□■□□■□■□■□■□
ひょんなことから『李登輝先生に会いたい会』(私が勝手に名付けたのだか)のメンバーに加えていただいた。みなさんが日台親善のためにしてきたこと(今現在も活動されている)の話を伺い、胸を熱くしてしまった私。この話を伺えたことだけでも、貴重な経験だった。