マリリンから何度言われただろうか?

1

忙しぶるつもりはないのだけど
平日はバタバタ、
休日は叔母のことなどあり
見る機会を逃していた私。

そんな私にしびれを切らし、
マリリンが声をかけてくれた。

2

初見で応援上映とは
ハードルが高くないだろうか?

3

マリリンが一緒なら心強いわ!
ということで行ってみることにした。

応援上映自体、初参加だったが、
これから映画が始まるというより
ペンライトが光る場内、
まるでコンサートが始まる感じ。

私の横でも
応援上映だけで3回目というツワモノが
始まる前から振り回してましたよ。

4

様々な色のペンラが揺れていた。

5

やはり今回は、
牧の青が多かった気がする。

東宝のロゴがスクリーンに映し出されると

6

会場から映画を作ってくれた
東宝へのお礼の言葉が飛び交う。

そして、どこからか上がった
「ここから本編始まるよ」の声。

いや、映画が始まる前から
そんな掛け声がおかしくて
笑い声を抑えるのに必死。

7

そうか、応援上映だもんね!

牧が夕飯作って待っていたのに
春たんが酔っ払って帰ってきたシーンでは
主婦ならでは?のキツーイツッコミが!

8

いや、笑った、笑った!
(映画では笑うシーンではないけど)

まるで家でテレビを観ている
自分のツッコミと重なる親近感。

会場が一体となって
「ゴー・ホーム」
「アグリー」etc・・・
初見の私は何一つ一緒に言えなかったけど
どうしてこんなに楽しいの?

学校の視聴覚室でみんなで
映画を観ているJK気分。
(掛ける言葉はおばさんチックでも)

俳優のキャラの濃さ、
安定の面白さに大笑いし、
でも・・・気がつけば大号泣。

9

家を出る間際、バッグを変え、
ティッシュを忘れてしまったことに気づき
マリリンにもらおうと隣を見れば

10

気がつけば、さっきまで
元気に掛け声をかけていた皆さんも涙にくれてた。
どれだけこの映画が愛されているかわかったわ。

最後、「アンコール」の声とともに
青いライトが揺れる場内を見渡しながら
次回作で牧君のあの笑顔が見れない切なさに
また泣いた・・・。

追記:
コメントにネタバレとあったんですが、
すでに9月27日に
おっさんずラブ~in the sky~ 情報解禁されてます。




マリリンのブログ記事↓




人気ブログランキング


□■□■□■□■□□■□■□■□■□
初見で応援上演は、ついていけないかもと心配していたけど、映画と会場の声で楽しさも二倍、切なさと愛の素晴らしさも共感でき応援上映の素晴らしさを実感しました。そして、11月から始まるおっさんずラブ-in the sky- 、自分の知ってる世界だし、フライト先ではホテルステイがつきものだし、恋愛にはもってこいの設定と思っていたけど・・・牧のあの笑顔がないのは切ないわ・・・。