からの続きです

今朝、7時に電話が鳴った。
母からだ。

img20191105_22525249

母は続けた。

img20191105_22524354

母の能天気さと父の気遣い
そのギャップに涙がこぼれた。

父にそう言わせたのは私だろうし
朝7時という時間も父らしくって切なかった。

あまり朝早く電話したら迷惑だからと
7時を待って母に頼んだのだと思う。 

img20191105_22523625

姉と実家に行き、
父を病院に連れて行く。

img20191105_22525995

先生の話はこうだった。
昔は点滴治療しかなかったから即入院だったが、
今は薬があるから、1週間薬を飲んで
軟膏を患部に塗って、様子を見てくださいと。

img20191105_22530738

そのあと、先生がこう言ってくれた。

img20191105_22531632

実家に戻ると、
母の5つ下の妹がちょうど遊びにきていた。

img20191105_22532370

叔母は昔からしっかり者で、
人生に迷った時など
いつでも的確なアドバイスをしてくれる心強い味方だ。

これまで何か問題があると
よく叔母に相談してきたのだが
私たちも50を過ぎ・・・
叔母に相談する歳でもないと思っていた。

でも、こんな時に
叔母の顔を見てしまったら・・・

img20191105_22534060

張り詰めていた糸が切れたように
子供のようにすがってしまった。

叔母の言葉はまるで
近頃はあまり深くものを考えられない
母の気持ちを代弁してくれているようで

img20191105_23084166

私たちは、
その言葉にとても救われたのだった。



人気ブログランキング



□■□■□■□■□□■□■□■□■□
遅い時間の更新ですみません。昨日の記事にたくさんのコメントをどうもありがとうございました。私の正直な気持ちを記すことにより、共感やお叱り、いろいろな意見がありましたが、同じような悩みを抱えている人の気持ちを共有することができたとしたら、思い切って記事にしてよかったと思いました。私はとても救われましたし、だから、ありがとうございました。