夫の叔母の家を片付けていたとき


img20191207_13313429

そう思って、
処分しなかった本がある。

その本がこれだ。

IMG_9172

昭和44年12月発行。
奇しくも今から
ちょうど50年前のこの時期に売り出された本だ。

日常生活を送るにおいて
迷った時に困らないように
人付き合い、電話、手紙の書き方、
食事や訪問や接待の作法に至るまで
事細かに書かれている。

若い女性に向けられて
書かれているだろう本なので
婚約から結婚までが巻頭にどんと来ている。

ペラペラと最初のカラーページを
めくっているだけで面白い。

IMG_9174

新婚旅行のグラビアページも興味深い。

IMG_9175

次のページに続いている。

結婚式、披露宴も無事に終わって、いよいよ新生活へのスタートです。夢にまで見た楽しい新婚旅行ですが、よき花嫁、花婿であるためには、そこにはやはり1つのルールがあることを忘れないように。

img20191207_13314333

時代よね〜。
花嫁に面倒なことさせて、
あんたは座って一服かい!
って、部屋の中で吸うなよ。

早くもツッコミどころ満載。

img20191207_13315070

花婿が浴衣に着替えているのに
花嫁はきちんとブラウスを着用してる。

img20191207_13315654

窓の外を眺めながら
何話すことがあるのかしら?

img20191207_13320391

「女中さんは気を利かせて早々に退却」
この言葉がかえって何とも艶かしい。
(考えすぎだろうか)

img20191207_13311367

このぴっしりと
敷かれた2組の布団が
これまた何とも何ともである。

グラビアでは夜はここまでだ。
本編に『初夜の心得』が書いてある。

そこに詳しく書いてあるのだけど、
ここに書くのもなので割愛するが
(ほんとはとても興味深いので書きたいけど)
出血でふとんを汚してしまった
その時の対処法まで丁寧に書いてあるのだ。
img20191207_13312105

何の様子を書くと言うのだ。

img20191207_13312694

すごい岩場を手を繋ぎ歩いている
二人の姿を眺めながら、

img20191207_14075125

と意味深に口角を上げる自分は何?

この本、
伏せ字にするような言葉も
何一つ書かれていない
真面目な本にも関わらず、
読めば読むほど、滲み出るエロス感。

img20191207_14075709

いやはや、
50年前の日本人の恋愛事情が垣間見れる
いろんな意味で
大変興味深い1冊であった。



人気ブログランキング



□■□■□■□■□□■□■□■□■□
作者は、冒頭で書いている。「マナーは時代遅れであってはまことにこっけいです。つねに時代の先端にあって生活に密着しているべきのものです」50年間で日本人の生活スタイルは著しく変わったなぁと思ったわ。