台北日本人学校の同級生
メキシコに駐在しているH君が
日本に一時帰国し、
超久しぶりに同窓会をすることになった。
(中には37年ぶりに会った子も)

先生も地方から駆けつけてくれ、総勢15人。

img20191228_16313109

驚いたのは、
中3の時の担任のN先生が
50を超えた我々の中に入ると

img20191228_16314008

それもそのはず、
先生、当時25歳だったのだから。
それに先生、見た目が若い。

img20191228_16314758

反抗期の私たちとまだ若かった先生。
N先生といえば、バラの花のエピソード。

前に記事を書いたことがある。



みんなでそんな話をして先生も苦笑い。

img20191228_16310739

それにしても、
自分でも恐ろしくなるほど、
私は過去の話を覚えている。

img20191228_16311473

あったって!
烏龍茶の茶葉が時折、口に入って
みんなペッペ吐き出してたもの。

それからさ〜

img20191228_16315489

みんな覚えてないって・・・?

友達に言われた。

img20191228_16312293

みんなに褒められ、すっかりいい気分。
家に帰り、娘たちに自慢する。

img20191228_16320145

すると・・・

img20191228_16324922

わかってる・・・
記憶のアップデートができない頭。


【2020年春の台湾旅行のお知らせ】

お申し込み開始しました。
バナーをクリックで申し込みページに飛びます。

taicyu

taipei


人気ブログランキング



□■□■□■□■□□■□■□■□■□
台北日本人学校の同窓会はホッとする。後日H君がFacebookに書いていた文章が泣けた。
『兄弟姉妹、みんなの繁栄が嬉しいという感じ。嫉妬や虚栄心をまるで感じない関係というか。絶対に裏切られないという安心感というか。そういうのに大げさに言うと人生を支えられているんだろうなぁ』