親のトリセツの本ができた時
姉に聞かれたのだ。

img20200508_23074594

そのことは私も考えていたんだけど・・・

img20200508_23074657

でも、GWにじっくり考えたら 

img20200508_23074953

という気持ちになって、
姉に渡して欲しいと頼んだのだ。

ところが、今日、姉が実家に行くと

img20200508_23074560

4冊置いておいたはずの本が、
1冊なくなってた。

img20200508_23075013

なんと母の手元に本が!!!

img20200508_23075080

そして、目の前でペラペラめくると

BlogPaint

母が指差すページはここだったらしい。

FullSizeRender


BlogPaint

どこから見ても、あなたでしょ!


【絶賛発売中】
新刊が発売されました。ブログ内の「高齢な親の話」カテゴリの作品を中心に、体に不自由は出てきたけど、ガッツリ介護が必要というレベルではない、そんな『健康以下、介護未満』な親との付き合い方を書いてます。新規描き下ろしも満載で、プロの認定介護福祉士さんとの対談もあります。
【amazon】


【楽天】
健康以下、介護未満 親のトリセツ [ カータン ]
健康以下、介護未満 親のトリセツ [ カータン ]

こちらもあります【カドカワストア】
ただいま送料無料

 

電子書籍も同時発売です
よろしくお願いいたします。






□■□■□■□■□□■□■□■□■□
母には、本のことは何度か話した。でも、多分、忘れちゃうのか、理解できてないのか、何度話しても「あら、そう」という感じでイマイチ反応がなかったのですね。今までの母なら「いつ本出るんだっけ?」としつこいくらい聞いてきたし、発売日には地元の紀伊國屋書店にパトロールに出かけ、ごっそり買っては、迷惑顧みず、友人知人に配りまくっていたのになぁと思いながら、でも、それも良い思い出だわ。