カータンBLOG あたし・主婦の頭の中

元客室乗務員で主婦のあたし。40歳を超え、恥ずかしいなんて感覚を失った今、超赤裸々にヘタくそな絵であたしの頭の中を綴ってます。もしよかったら見てください。

カテゴリ:スッチー時代

アン・ハサウェイの映画『マイインターン』を観てからというものニューヨーク行きたい病に取り憑かれている。頭の中、ニューヨークニューヨーク。そういえば、ニューヨークで思い出したおしんスッチーネタがあったので今回は、その話をしようと思う。真冬のある日のこと。ニ……
続きを読む

(5)英語恐怖症からのつづきです仕事にはまだ全然慣れずに毎日気が重かったけど、嫌なことばかりではなかった。楽しみもあった。そう、仕事が終わった後の飲み会よ。予約課には、独身の上司がたくさんいて、皆、お金もあれば、自由もあった。私も結婚していたとはいえ、子……
続きを読む

赤ランプの恐怖(4)からのつづきです予約課に配属された私は毎日がサバイバル。赤ランプに怯える日々を過ごしていた。でも、一番の恐怖は・・・英語だよ〜〜!日本語だって、まだうまく予約が取れないのに英語なんて! それも電話!そうよ〜顔が見えない電話で外国語を話……
続きを読む

(3)CAから予約課へのつづきですいよいよ電話の前、初の予約業務が始まった。今でもパソコンは苦手だけど、当時の私、パソコンさえ持っていなかった!持っていないだけじゃなく、インターネットというものをまったく理解していなかった。だから、研修中、パソコンを持って……
続きを読む

(2)ラストフライトからのつづきです最後の機内アナウンスは涙を堪えるのに必死だった。いつもはお客さんに向けてするお別れの挨拶も今日は、私への別れの言葉でもあった。頻繁に通った成田空港にも、これからは送迎か旅行の時だけ来ることになる。空港でのグランドホステ……
続きを読む

(1)それは突然にからのつづきです電話は東京にいる同期からだった。成田のオフイスでその掲示を見てステイ先にいる私たちに連絡してきてくれたのだった。正直、その後のことは憶えてない。そのまま食事に行ったのか、それともそこで解散したのか?ただ覚えているのは、日……
続きを読む

これから、数回にわたり、私がCAを辞めた理由、その後のことを書こうと思います。なぜ辞めることになったのか・・・それはこんな理由がありました。━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─私が入社した1990年はまさにCA就職黄金期だった。多くの場合、外資系航空会社……
続きを読む