前にも書いた屋根修理の
イケメンお兄さんの話。



あれから、また来たんですよ!
実家のインターフォンがなり、
出ると、イケメンが立ってた。

img20220805_01213488

私は言った。

img20220805_01213496
 
キッパリと断り、ドアを閉めた。

すると・・・

img20220805_01213498

ドアを開ければ、やっぱり!

 img20220805_01213500

img20220805_01213500_0001

こんな時のために、
あらかじめ用意しておいたのよ。

img20220805_01213501

そう伝えると、帰って行った。 

そして、先日。
実家に行くと、インターフォンがなり、
ドアを開けると、そこには

img20220805_01213509
 
私は言ったわ。

img20220805_01225311

ごめんなさい、
もう聞かなくてもわかってるから。

ところが、ドアを閉るや否や、

img20220805_01225313
 
と、出ると・・・

img20220805_01225316

母が頼んでいる宅配お弁当屋さんじゃないの!

こんなイケメンが届けてくれてたなんて!
聞いてないよ! 

 




□■□■□■□■□□■□■□
  
ビックリですよ!あんな爽やかな青年が、毎日、母のお弁当を届けてくれていたなんて!今度、また時間が被ったら、張り切って笑顔で受け取らなくちゃ!←お兄さんにとってはお弁当さえ受け取ってくれたらいいだろうがー