毎晩、『ふわこ』と『もふぞう』と一緒に寝ている。
(猫のポーチは先日、使い始めたので一緒に寝てない) 

240206-10

日中、
ベッドに置き去りにするのは可哀想なので
リビングに連れてきて、
ソファに座らせておいた。

240207−2


ところが、ある日。

240207−3

なんと、長女がふわこたちを寝かせて
毛布までかけてくれていたのだ。

240207−4


あまりの可愛さに、

240207−6

とスマホを構えたら

240207−8

なんと、そこに映ったのは

240207−9

内カメになってんじゃん!

頭の中に描いていた『可愛い』から、
目に飛び込んできた『おぞましさ』
そのギャップに
240207−10


まじ心臓止まるかと思った。

私が撮りたかったのは、これだったのに。

0C9A6371-67FA-46D1-8836-6878B2B48D37

キーッ!




□■□■□■□■□□■□■□■□■□   
たぶん、前にもこんなことあって、ブログのネタにしたかもしれない。でも、何度経験しても、不意に自分の顔が映し出された時の恐怖には慣れない。心臓止まりそうになる。どれだけ鏡みるとき、顔作ってるんだろう?